内出血 原因 症状 処置 治し方

内出血の原因や症状や処置や治し方

スポンサーリンク

 当サイトでは内出血の原因や症状や処置や治し方について、書いていきたいと思います。

 

 内出血とは皮膚内に起きる症状の一種です。
 内出血は家具のような硬い物に体をぶつけたりすると内出血ができます。
 家具等に体をぶつけると、その衝撃で細い血管に亀裂が生じて出血をする事がありますが、家具等に体をぶつけただけでは、肌表面まで切れてしまうという事態はほとんど発生しません。
 その結果、皮膚内で発生した出血は肌表面から体外に出る事はありません。そして、皮膚内で発生した出血が患部に溜まってしまうのです。
 これが内出血ができる原因、内出血ができるメカニズムです。内出血の症状として、内出血の患部は紫色や黄色等に変色します。そして、時には腫れてしまう場合もあります。
 内出血の治し方についてですが、内出血は多くの場合、放置をしておいても自然と治っていくものです。
 そのため、内出血については、積極的に治療しないという人も少なくないようです。
 ただ、家具等にぶつけたりする可能性が高いのは腕や足です。ですから、内出血の患部が人の目に触れる確率も高くなります。
 紫色等に変色した内出血の患部は見るからに痛そうに見えてしまいます。そのため、内出血した人の中には、内出血を早く治すための処置を講じる人もいます。

スポンサーリンク

 内出血を早く治す方法として、まずは患部を冷やすことが大切です。これは内出血が発生してから時間の経過が短いほど効果的です。
 出血を起こした直後の患部は炎症を起こしています。そのため、熱を持った状態になっています。
 その熱を体外から冷やして熱を下げることで、患部の炎症を早く鎮める事ができるのです。
 患部が充分に冷やされて炎症が落ち着いたら、今度は逆に患部を温めるのが効果的な治し方と言われています。
 患部を温めると血行が促進されます。患部を温めることで、傷の治りを早くすることができるのです。
 ただし、必ず患部の炎症が鎮まってから温めるということが重要なポイントとなります。
 炎症が残っている段階で患部を温めてしまうと、炎症がひどくなることもあります。こうなってしまうと、内出血の処置として、逆効果になってしまう可能性があります。
 また、患部を直接ケアする方法以外にも、間接的に治りを早くする方法というものもあります。
 それは血液の働きを活発にする効果のある成分を食事から摂取する方法です。
 この代表的な成分は鉄分です。鉄分はレバー等に多く含まれています。鉄分はビタミンCと摂取することで効率的に体に吸収されるのです。

 

 このように当サイトでは内出血の原因や症状や処置や治し方について、書いていきます。ここからは、内出血について、もう少しいろいろ書いていきますので、役にたてると嬉しいです。

 

 当サイトのカテゴリー一覧です→内出血しやすいことと病気の関係

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加