ふくらはぎ 打撲 処置

ふくらはぎを打撲した時には確実な処置が大切です

スポンサーリンク

 スポーツをしているときに強く打ったりすることでふくらはぎが打撲になることがあります。
ひどくない打撲であればそのままにしておいても問題ないですが、打ちどころが良くない場合は歩くのもつらい状態になってしまいます。
打撲した時には初期の段階での処置が非常に大切です。
とりあえずは打撲した部分の炎症を緩和する処置が大事です。
ふくらはぎは歩くなどの際にも使う部位なのでいったん安静にしておきます。
そして湿布を使って処置するか無ければ冷やすことが必要です。
冷やすことで炎症を抑えることが出来ます。
ふくらはぎは比較的多くぶつけたりすることがあります。
誤ってぶつけてしまった時には適切な処置をするということが症状が続かないためには大切です。
痛めてしまった場合にはまずは冷やすことです。
そして症状がひどくなる前に整形外科を受診して治療を始めることが重要です。
適切な処置をしないで放置していると治りが悪くなるだけではなく症状が改善されない可能性もあります。

スポンサーリンク

ふくらはぎは様々なスポーツなどで打撲することがあります。
しかし、スポーツだけでなく日常生活でも階段で転んだり家具などにぶつけたりすることで強く打ちつけて痛めてしまうということも多いようです。
骨に問題のないときには無理をせずに湿布などを貼って経過をみることで完治を目指します。
急性期を抜けたら温めていくことも大切です。
温めることで筋肉が柔軟になって血行も良くなってきます。
それが回復に向かうためには重要です。
しかし、温めることで痛みがでてくることがあるので注意が必要です。
ふくらはぎの状態を確認しながら打撲の処置を行うことが大事です。
定期的にどのくらいふくらはぎが回復しているかを確認して動かせる状態になってきた時には少しずつ動かして回復を目指します。
くれぐれもふくらはぎの痛みを確認しながら打撲したところに気を配って行うことが必要です。
処置が終わっていないのに無理をしてしまうと痛みが戻ってしまうこともあります。
十分に注意が必要です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

打撲をしたことによるふくらはぎの痛み
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
ふくらはぎの打撲による腫れの治療について
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
ふくらはぎの強度打撲について
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
ふくらはぎへの打ち身が中々治らない時の対処法
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
ふくらはぎの内出血の原因を知る
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。