腹部強打は何科へかかる 腹部打撲 病院

腹部打撲の危険性と病院の腹部強打は何科へかかるのかについて

スポンサーリンク

 強く腹部打撲をした場合には、病院の何科を受診すればいいのでしょうか。
腹部強打は何科へかかるのかについては、整形外科が第一選択肢となります。
腹部を打撲した場合、打撲をしているだけなのか、骨折をしているのか、はたまた内臓へのダメージの有無についても確認する必要があります。
整形外科では、まず問診や視診、触診などが行われ、レントゲン検査を始めとして、必要に応じてCT検査やMR検査などの検査を受けることができます。
ゆえに、腹部強打は何科へかかるのかについては、病院の整形外科を受診するようにしましょう。
 ここで重要なポイントは、腹部強打は何科へかかるのか自己判断しないということです。
腹部は内臓を守る骨がありませんので、腹部打撲には内臓へのダメージというリスクが伴います。
自己判断には危険性が伴いますので、腹部強打は何科へかかるのかわからないという場合には、まずはかかりつけの病院に行って医師に相談するという方法もあります。
  スポンサーリンク

 腹部強打は何科へかかるのかについては、整形外科にしろかかりつけの病院にしろ、病院で検査を受けるようにしなければいけません。
そもそも打撲とは、体を何かに強くぶつけた際に起こるケガのことであり、ぶつけた衝撃の強さによって症状は異なります。
受ける衝撃が強くなればなるほど、痛みや内出血などの症状はひどくなります。
 打撲の中でも気をつけなければいけないものが、腹部打撲となります。
前述しましたように、腹部はほかの部位とは異なり骨で保護されていませんので、腹筋のみで外部からの衝撃をカバーしています。
ゆえに、腹部打撲の衝撃は、ダイレクトに体の内部に伝わりやすく、症状も強く表れる傾向があります。
 腹部には、重要な臓器が集中していますので、腹部打撲によって内臓を損傷している可能性があります。
腹部打撲による激しい痛みのほかに、吐き気や嘔吐などの症状が見られる場合には、早急に病院での検査が必要となります。
腹部強打は何科へかかるのかについては、前述しましたように、整形外科が第一選択肢となるということを認識しておきましょう、 軽度の腹部打撲であれば、ぶつけた瞬間から翌日が痛みのピークであり、症状は日数が経過するにしたがって解消されてい行くのですが、日数が経過しても痛みがひかない、もしくはひどくなるような場合には病院での検査が必要です。
腹部強打は何科へかかるのかのみならず、打撲全般の専門科は整形外科となります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

子供や大人の腹部打撲による症状などについて
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。