打撲 痛みが取れない ひかない

打撲で痛みが取れない場合や腫れがひかない場合について

スポンサーリンク

スポーツや雪道の転倒によって腕などを打撲した場合は、患部を冷やして内出血を防ぐことが重要となります。
多くの場合は打撲から数日後に痛みが無くなります。
もっとも打撲から長時間経過後も痛みが取れない場合や腫れがひかない場合は、早急に病院に行くことを推奨します。
その理由は打撲だと思っていても、実際は腫れがひかない場合は骨折の可能性があるからです。
そのため外科に行ってレントゲンで精密検査を行うことが重要となります。
検査の結果、痛みが取れない原因が骨折である場合はギブスで患部を固定することが重要となります。
この場合は絶対安静で全治は一ヶ月程度になる事が多いでしょう。
腫れがひかない期間は無理な動きは禁止となります。
そしてレントゲン検査の結果、骨折ではなく打撲である事が判明した場合は、湿布薬などによって治療を行います。
多くの場合は湿布によって痛みが解消されるでしょう。
そして湿布をしても腫れがひかない場合は医師に相談をしましょう。

スポンサーリンク

スポーツなどによって身体を痛めた場合は打撲の可能性があります。
痛めた直後は患部を動かさない事が大事です。
特に腫れがひかない場合は安静にすることが大事となります。
痛みが取れない場合はすぐに病院に行きましょう。
病院で打撲と診断された場合、痛みが取れないために睡眠不足になった場合は医師に相談をしましょう。
多くの場合は鎮痛剤が処方されるでしょう。
薬は決められた容量を厳守することが大事です。
また湿布薬は人によってはアレルギー反応が出る場合があります。
そのためこの場合は使用を中止して薬剤師などに相談をしましょう。
また打撲で痛みが取れない期間は、私生活でも無理をすることはやめましょう。
睡眠時も無理な体勢で寝ない事が重要です。
また痛みが取れない場合は、温泉に行くことによって痛みが解消されるケースがあります。
もっとも痛みが取れない場合や腫れがひかない期間はマッサージ等の強い刺激は禁止となります。
痛みがひかない期間は安静する時間が大事です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

打撲の痛みがいつまでも続くなら
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。