こめかみの打撲 治療 方法

こめかみの打撲をした際の治療方法

スポンサーリンク

 スポーツをしていたりすると衝突してしまい、こめかみを強打して打撲してしまうことがあります。
そのような場合、応急処置の方法として患部を冷やすことが大切です。
患部を冷やす治療によって血管を収縮することができるので、内出血の広がりを抑えられます。
また、痛みを強く感じているような場合は、我慢することはせずに必ず病院へ行って治療を受けることが大切です。
痛みを我慢しないで病院へ理由としては、こめかみの打撲は頭に近い部位にもなっているので、頭部にも打撲といった外傷を引き起こしてしまっている可能性があります。
病院へ行ってMRI検査を受ければ脳の異常だったり、骨折しているかどうかの有無を調べることができます。
検査を受けてみて骨折などの重症な症状の場合には、入院して治療を受ける必要が出てきます。
レントゲンの結果が、こめかみの打撲の場合には、病院で処方してくれる湿布薬や鎮痛剤の用法を守りながら安静に過ごしていくことが大切です。

スポンサーリンク

歩いているときや貧血が原因となって、転倒してしまい、こめかみの打撲をしてしまうこともあります。
こめかみの打撲をしてしまったら安静に過ごすことが治療を行うためにも大切になってきます。
入用するときの方法としては、洗髪の場合は、こめかみ付近には手を触れないようにすることが大切です。
こめかみの打撲をしてしまって、吐き気やめまいがある場合は、早めに病院へ行くようにしましょう。
激しい痛みによって歩くことさえ困難になっている場合には、救急車を呼ぶようにしましょう。
こめかみの打撲をしてしまったらまずは応急処置の治療方法として患部を冷やすようにしましょう。
患部を冷やすといった治療方法によってこめかみの打撲の腫れや痛みも抑えることができます。
この患部を冷やすといった治療方法を行わないとさらに症状が悪化してしまうこともあるので、必ず応急処置の方法を頭に入れておくようにしましょう。
応急処置の方法を頭に入れておくことによって打撲してしまった際はいつでも応急処置を行えるようになります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

こめかみを強打してしまった打撲には安静が第一です
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。