ふくらはぎの痛み 打撲

打撲をしたことによるふくらはぎの痛み

スポンサーリンク

 ふくらはぎの痛みは長引いてしまうことが多い傾向にあります。
また、場合によってはテーピングなどを行って治療していく必要も出てきます。
ふくらはぎには大きな筋肉が二つあり、内側と外側に別れている二つの筋肉は、内側の部分の方が怪我をしやすい傾向にあります。
ですが、打撲の場合は何かに強くぶつけてしまうことからふくらはぎの外側やふくらはぎの後ろ側の部分が多くなっています。
打撲をしてしまったことによるふくらはぎの痛みは、腫れてしまったり、赤みや皮下出血などを伴ってしまうことになります。
また、安静にしていたとしてもズキズキとした痛みを感じることがあります。
打撲をしてしまったふくらはぎの痛みを感じている場合には、応急処置を行うことがポイントになってきます。
応急処置の方法としてはすぐにアイシングを行って、必要であるならば、テーピングを行っていきます。
一般的には湿布を貼るようにして打撲をしてふくらはぎの痛みを感じている部分を冷やすようにします。

スポンサーリンク

打撲をしてしまったふくらはぎの痛みは軽度の場合なら1週間〜2週間で治ることが多い傾向にあります。
ですが、ふくらはぎはアキレス腱に近い重要な部分となっているので、軽視はしないようにすることが大切になってきます。
中には打撲した足の奥の方からふくらはぎの痛みが響いているように感じることもあり、中々痛みが引かないような場合もあります。
そのような場合には、打撲をしたことによって腱そのものが損傷してしまっていたり、断裂してしまっている可能性も出てきます。
肉離れを起こしてしまっている可能性もあるので、長引いているふくらはぎの痛みは、打撲があるような場合には病院へ行って診てもらうことも大切になってきます。
ふくらはぎを打撲してしまったらすぐに応急処置を行うことによって痛みも緩和されてくるので正しい応急処置を行うことが大切です。
応急処置も行わずにそのままにしてしまうことによって症状はどんどん悪化してしまうこともあります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

ふくらはぎを打撲した時には確実な処置が大切です
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
ふくらはぎの打撲による腫れの治療について
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
ふくらはぎの強度打撲について
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
ふくらはぎへの打ち身が中々治らない時の対処法
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
ふくらはぎの内出血の原因を知る
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。