膝 打撲 後遺症

膝の打撲の後遺症について

スポンサーリンク

 交通事故で膝を打撲した場合は、そのまま病院に行かずに放置してしまうと後遺症が残りケースがあります。
交通事故の場合は最初は精神が興奮しているために、痛みに鈍感になっている場合があります。
そのため打撲を軽視して病院に行かない人もいますが、後遺症を残さないためにもすぐに病院に行きましょう。
具体的には、外科に行ってレントゲン検査を行う事を推奨します。
レントゲンによって骨折の有無を判断します。
そしてレントゲン検査によって膝を打撲していると判明した場合は、安静にする事が重要となります。
身体を使う仕事の場合は、無理に膝を動かしてしまうと後で神経痛の後遺症が残るケースがあります。
そしてこのような神経痛の後遺症は冬場になって冷えると痛む事が多いために注意が必要となります。
また怪我をした場合に膝からの出血が多い時は早急に包帯などで止血の応急処置をしましょう。
そして救急車を呼ぶことも検討しましょう。
早めの処置が後遺症を残さないために重要です。

スポンサーリンク

スポーツで膝を打撲した場合に後遺症が残るケースがあります。
病院でしっかりと治療をしない場合に後遺症となる可能性が高くなります。
膝の打撲の痛みが残ってしまうと、日常生活でも運転や家事などで膝を動かした場合に痛みが走る事が多くなります。
そうなると高齢化した時に介護が必要となってしまう事になります。
また打撲をした場合は湿布薬を使用することが、後遺症を残さないために重要となります。
患部を安静にして治療に専念しましょう。
すぐに痛みが治らないからといって、病院を次から次へと移ることは推奨しません。
根気よく通院をして打撲を治療しましょう。
また温泉に行くことも打撲には効果的です。
その理由は温泉の成分が打撲の回復に役立つからです。
また膝の血行が良くなるために、治療効果も高くなります。
重要な事は、痛めた患部に負担をかけない事です。
そのためスポーツを再開するタイミングは慎重になりましょう。
安易にスポーツを再開すると再発するからです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

膝を強打して曲げると痛い場合、打撲なのか骨折なのかの判断基準
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
膝の打撲を早く治す方法について
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
膝の打撲症によって腫れが引かない時の対処法や処置について
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
膝の打ち身の痛みが治らない場合や痛みが続く場合について
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。