膝 打撲 早く治す

膝の打撲を早く治す方法について

スポンサーリンク

 膝は前方に飛び出しているので、打撲を起こしてしまいやすい傾向にあります。
ほとんどの場合、数日経つことによって膝の打撲の症状も軽減してきます。
ですが、なかには数日経っても症状が軽減するどころか、数ヶ月経っても治らないようなケースもあります。
そのような長期的な膝の打撲の典型的なものになっているのが、お皿の骨の前にある滑液胞に起因するものになっています。
身体の飛び出している部分に関しては、滑液胞と呼ばれているものがかなり存在します。
肩関節の肩峰部は、側方に飛び出していますが、この下部にも滑液胞が存在しています。
この肩峰の下部に滑液法があることによって、上腕骨との衝突の衝撃が緩和されます。
これと同じようにお皿の前に滑液胞があることによって、お皿の骨は打撲をしたときの衝撃から守られていることになります。
一方で滑液胞は、過剰な衝撃を受けてしまうことによって、それ自体が炎症を起こしてしまうこともあります。

スポンサーリンク

膝を打撲したときの症状を早く治すためにはいくつかのポイントがあります。
まず炎症してしまっているので、初期の段階では打撲した膝を冷却する必要があります。
ですので、入浴時は膝がお湯に浸からないようにすることによって、早く治すことにも繋がってきます。
他にも屈伸運動の回数を少なくすることによって滑液胞を刺激しないので早く治すポイントにもなります。
また、原因となっているお皿の前の部分への衝撃を受けないようにすることも大切になってきます。
ですが、お皿の部分は日常生活でも様々なケースで衝撃を受けやすい部分でもあります。
そこでよく行われる方法としては、お皿の骨の前の部分にスポンジパッドを当てるといったことです。
そうすることによって直接衝撃が加わらないことになるので早く治すことに繋がります。
膝を打撲した際の痛みや腫れなどを早く治すためには適切な処置を行うことが最も大切です。
ですので、まずはしっかりと冷やすことが始めるようにしましょう。
この冷やすことは何よりも大切で早く治すポイントにもなりますし、痛みや腫れも抑えることができます。
膝の打撲を早く治すためにも正しい処置の方法を頭に入れておくことが大切です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

膝を強打して曲げると痛い場合、打撲なのか骨折なのかの判断基準
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
膝の打撲の後遺症について
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
膝の打撲症によって腫れが引かない時の対処法や処置について
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
膝の打ち身の痛みが治らない場合や痛みが続く場合について
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。