膝の打撲症 腫れ 引かない 対処 処置

膝の打撲症によって腫れが引かない時の対処法や処置について

スポンサーリンク

スポーツや運動などをして膝の打撲症を発症した時にそのまま放置してしまうと、腫れが中々引かないということになります。
そこで腫れが中々引かない時の対処法や処置について説明すると、1つめに膝の打撲症を発症している患部を冷やすことが重要です。
膝の打撲症発症時に患部が腫れている理由として、中で内出血や炎症を起こしている状態となっています。
それらの症状を緩和するための対処法や応急処置として、冷湿布や氷袋を用意して患部を冷やします。
冷湿布はドラックストアで販売されている医薬品で、膝の打撲症や患部が腫れたあとすぐに使用することがポイントです。
迅速に対処や応急処置をすることで、中々引かない腫れや痛みもいち早く和らげることが出来ます。
時間を置けば腫れや痛みが引かない状態が続くため、いち早く対処もしくは応急処置することが重要です。
1回に冷やす時間の目安として、数十分から数時間程患部に冷湿布や氷袋を使用することが大切です。

スポンサーリンク

 膝の打撲症時に腫れが中々引かないという場合でも、冷湿布や氷袋を患部に当てることで対処可能です。
このような応急処置を行った後に、2つめの対策として最寄りの整形外科を受診します。
整形外科は膝の打撲症をはじめ、ねんざや打ち身といった症状の治療を行っています。
仮に腫れや痛みが中々引かないといった場合でも、整形外科であれば適切な対処法や処置をしてくれる診療科です。
膝の打撲症は骨折とは異なる症状ですが、放置するち痛みや腫れが中々引かないということがあります。
なので膝の打撲症を発症したら、すぐに最寄りの整形外科を受診して何らかの対処や処置をしてもらうことが重要です。
整形外科では患部を冷やすといった治療法の他に、テーピングという形で固定器具を使います。
患部に固定器具で固定してから治療をするため、応急処置に比べて高い治療効果が得られるのが特徴です。
また整形外科では保険治療を扱っている診療科なので、保険証を持参すれば数千円前後で診察を受けられます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

膝を強打して曲げると痛い場合、打撲なのか骨折なのかの判断基準
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
膝の打撲の後遺症について
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
膝の打撲を早く治す方法について
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
膝の打ち身の痛みが治らない場合や痛みが続く場合について
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。