膝の打ち身の痛みが治らない 痛みが続く

膝の打ち身の痛みが治らない場合や痛みが続く場合について

スポンサーリンク

 雪道を転倒して膝の打ち身の痛みが治らない場合には様々な事が想定されます。
例えば膝を強打して靭帯を痛めた場合も、治療後も痛みが続くケースがあります。
この場合は入院治療によって手術が必要な場合もあります。
手術をして膝の靭帯を治療することによって回復に向かいますが、この場合は完治が長くなる事が考えられます。
また、膝の打ち身の痛みが治らない場合は通院している病院の治療方針が自分に合わない可能性があります。
そのため通院を継続しても痛みが続く場合は転院をする事を推奨します。
新しい病院を選ぶ場合は、最新の医療機械がある病院を選ぶようにしましょう。
CTやレントゲンは病院によって精度が異なる場合があるからです。
また病院を選ぶポイントは医者が患者の話を丁寧に聞いてくれる所が良いでしょう。
それによって誤診の可能性が少なくなるからです。
さらに、膝の打ち身の痛みが治らない場合はその事を医師に相談することも大事です。

スポンサーリンク

雪道などで転倒をして膝の打ち身の痛みが治らない場合はすぐに病院に行くことが大事です。
痛みが続く場合は湿布薬で治療をすると良いでしょう。
肌に合わない場合はアレルギー反応が出る場合があります。
その場合はすぐに使用を中止して医師に相談しましょう。
また、薬局で販売している湿布薬よりも病院で処方して貰える湿布薬の方が効果が高い事が多いです。
そのため膝の打ち身の痛みが治らない場合は我慢をしない事が大事です。
また痛みが続く場合は日常生活に影響が出る事があります。
病院で痛み止めの鎮痛剤を打ってもらうと良いでしょう。
そして痛みが続く場合に睡眠に影響が出る場合も、医師に相談をしましょう。
精密検査によって骨折が判明することがあります。
通常の打ち身は数週間で回復します。
しかし長期間、膝の打ち身の痛みが治らない場合は骨折をしている可能性があります。
特に患部が腫れている場合は注意が必要です。
医師に相談をする場合は、いつから痛みが続くのかを説明すると良いでしょう。
痛みが続く場合は安静にしている事が重要です。
膝の打ち身の痛みが治らない場合は、点滴治療となる場合もあります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

膝を強打して曲げると痛い場合、打撲なのか骨折なのかの判断基準
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
膝の打撲の後遺症について
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
膝の打撲を早く治す方法について
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
膝の打撲症によって腫れが引かない時の対処法や処置について
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。