打撲の腫れが長い期間ひかないのには原因があります

スポンサーリンク

 

打撲は比較的よくありますが腫れがなかなかひかない期間が長く続いてしまうときには様々な原因が考えられます。
打撲は強く打ちつけたことで皮膚は破れていないものの皮膚の下で筋肉などにダメージを与えます。
基本的に自然治癒力で回復していきますが場合によっては長い期間腫れが引かないことになってしまいます。
そういう場合には単純な打撲ではなく他の原因で腫れているというふうに考えるべきです。
ひとつ考えられるのは骨にひびが入ってしまっているということです。
当然、筋肉だけであれば長くても1週間程度で腫れはましになってきます。
しかし長くひかない場合には筋肉の他に腫れの原因があるということです。
特に長い期間にわたって症状が続いている場合には病院で診察を受けることが大事です。
打撲になってすぐは炎症が起きているので冷やすことが何よりも大切です。
冷やすことで余分な出血を抑えることもできます。
炎症が静まれば通常は腫れがおさまります。

スポンサーリンク

打撲をして1週間以上も腫れがひかない場合には必ず他の原因が考えられるので必要な対処をすることが大事です。
もちろん医師に伝える場合もどのくらいの期間にわたって腫れがひかない状態なのかを正確に伝える必要があります。
ひかない期間を正確に記録して医師に伝えることで原因の切り分けにも役立ちます。
打撲だけでは長い期間にわたって腫れがひかないような状態にはならないということを知っておくだけでも違います。
通常の打撲であれば冷やすことで治まってきます。
あとは内出血をしたところが青あざになってきます。
そうならずにひかない期間が長く続くと治りが遅いだけでなく後に問題を残す原因にもなります。
症状に改善が見られない場合にはなるべく早く病院などで診察を受けて適切な対処をすることが大切です。
そのまま放置をすることは症状を悪化させるだけです。
打撲が自然によくならない場合にはなるべく早く対応をしていくことが非常に大事です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加