太もも 打撲 テーピング

太ももを打撲した場合のテーピングや打撲の直後の応急処置について

スポンサーリンク

 

太ももは、人の体を支える働きをするとても大切な部位です。
この部位を打撲したり怪我したりすると、歩行するのに困難を感じる場合があります。
よって適切な処置をしなければいけません。
打撲が起こった場合などに行う太もものテーピングが、処置として挙げられます。
テーピングを行うと、歩行をサポートしたり打撲による痛みを軽減したりできます。
太ももに打撲が起こってテーピングを行う場合には、伸縮テープと非伸縮テープが必要です。
テーピングでは最初に痛みのある部分を中心として、太ももの内側や外側にアンカーを貼っていきます。
正しいテーピングを行うことで、打撲した太ももをしっかりサポートできます。
それ以外にもテーピングには、スポーツをするときに怪我を予防するという効果が期待できます。
一方、テーピングには技術が必要で正しいやり方で行わなければ痛みなどが悪化する場合もあるので、病院を受診してやり方を教わった上で自分でできるようになるのが良いです。

スポンサーリンク

太ももの打撲の症状をできるだけ早く治すためには、怪我の直後の応急処置がとても大切です。
太ももに衝撃が加わると多くの場合に筋肉の奥の方で内出血が起こり、症状が回復すると同時に線維化が起こります。
線維化が起こった部分は時間と共に少しずつ硬くなって、完治した後もしこりが残ります。
内出血との違いは、腫れが引くまでに時間がかかるということです。
腫れが引かないで、そのまま残ることもあります。
しこりができないようにするためにも、打撲の直後に応急処置することがとても大切です。
最初に、出血や炎症を止めるためにアイシングを行います。
アイシングとは、水や氷を使って体を局所的に冷却することです。
アイシングをして15〜20分程度経過したら、患部を触って熱があるかどうか確認します。
患部がまだ熱を持っていれば、アイシングを続けます。
熱が引いてから、患部を圧迫固定します。
この方法で、腫れが強く出ないようにすることができます。
最後は、患部を心臓よりも高い位置に上げます。
体を横にして布団や枕を重ね、その上に足を置くのが良いです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

膝の打撲へのテーピングやその他の処置について
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
ふくらはぎの打撲とテーピング
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。