子供が頬をぶつけてしこりが痛む時は、骨折などの可能性があります

スポンサーリンク

子供が頬をぶつけてしこりが痛む場合には、ぶつけて腫れることによる痛みと頬から内出血して血が溜まることによる痛みと骨折によって腫れてしこりのような症状の可能性があります。
特に骨折では、内出血によるしこりの症状が起きることも多く、頬の場合には骨折した骨がぶつけて子供が泣くことによって骨が移動してしまうこともあるので、特にしこりが痛むと訴える場合には、医療機関を受診することです。
医療機関は、小児科だけでなく、外科や整形外科でも対応を行ってくれます。
必要に応じて頬の検査も行ってくれるので、頬のしこりが痛む原因を特定してくれます。
さらに特定後には、しこりが痛む原因に応じて最適な治療を行ってくれるので、重症化を防ぐことが出来ます。
また、子供が頬をぶつけてしこりが痛む場合に痛みが激しい時には、子供は痛みなどの弱いことから痛み止めなどの処方箋も準備してくれるので、ぶつけてしこりが痛むことに対してのショックを和らげることが出来ます。

スポンサーリンク

頬をぶつけて子供が痛みを感じることは多いです。
しかし、ぶつけて時間が経過した後にしこりのような症状が子供に現れ、痛みを感じる場合には、注意が必要です。
しこりの原因は、主にぶつかった衝撃によって皮膚が腫れますが、頬の内側には歯があります。
しこりの症状によっては、歯が欠けたことや歯茎へのトラブルといった口腔内への何らかの影響を及ぼしている場合もあり、さらには骨への異常といった影響もあります。
このため、子供の表情などに変化がみられる場合には、病院での治療が必要になります。
しかし、どの診療科を持つ病院を受診して良いか迷った場合には、全ての診療科に対応した総合診療科を持つ病院を利用することによって総合的にしこりが痛む理由と調べてくれます。
さらに小児科も子供に特化した専門医と設備が充実しているので、最適な治療を受けることが出来るので、利用すると良いです。
また、病院を探す時には、自治体が配布する医療マップや広報誌、ネットなどでも探すことが出来ます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加