転ぶ時の頬の打撲で頬骨が腫れる場合について

スポンサーリンク

 

雪道の転倒やスポーツによって頬の打撲をした場合に、頬骨が腫れるケースがあります。
この場合の応急処置として、痛めた頬骨を冷やすことを推奨します。
それによって患部の腫れや内出血を防止することができます。
また転ぶ場合の打ち所が悪いと、打撲の程度が重くなるケースがあります。
しばらく様子を見て、痛めた患部が腫れる程度が重いと感じた場合は病院に行くことをお勧めします。
病院では一般的に問診とレントゲン検査が行われます。
問診では転ぶ際の状況や過去の怪我歴などを聞かれる場合があります。
特に転ぶ際の状況は医師が怪我の程度を知るために重要な情報なのでしっかりと伝えるようにしましょう。
またレントゲン検査によって頬骨が骨折している事が判明した場合は、骨折箇所を固定させる必要があります。
そして骨折の場合は絶対安静が必要となります。
特に雪道は転ぶ状況によって、骨折の可能性が高まりますので注意をしましょう。
また場合によっては骨折箇所を手術するケースもあります。

スポンサーリンク

スポーツ等を行って転ぶ場合に、打ち所が悪いと頬の打撲をしてしまう場合があります。
頬の打撲は強い痛みが特徴です。
また頬骨が腫れるケースが多いです。
頬の打撲と骨折の違いは、骨折の場合は腫れるだけではなく顔が変形する場合があります。
また頬の打撲の場合は全治数週間となる事が一般的です。
もっとも転ぶ状況によっては完治が遅くなる場合があります。
そして頬の打撲をした場合は、すぐに病院に行くことが大切です。
病院では頬骨を診察して、そして湿布薬を処方される事が一般的です。
湿布薬を継続的に使用する事によって、腫れる状態は治癒されます。
頬骨が腫れる状況が続くと、生活に不便となるケースがありますので、完治するまで安静にすることが重要です。
また睡眠の際は、頬骨に負担をかけない姿勢が大切となります。
そのため出来るだけ仰向けで眠ると良いでしょう。
また雪道で転ぶ事を防ぐために、滑りにくい靴を購入しましょう。
そして頬の打撲が痛い場合は、病院に行って鎮痛剤を処方して貰うことを推奨します。
また腫れる状況が治らない場合は、骨折の可能性がありますので医師に相談しましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加