打撲で歩けない場合に歩けるようにする対処法

スポンサーリンク

 

走っているときなどに何かに足を強くぶつけてしまった場合、ふくらはぎを打撲してしまうことがあります。
その程度がひどいことによって打撲で歩けないといった事態が起こってしまうこともあります。
そのような場合、どうすればいいかというとまずは痛みを感じている部分を突き止めることが大切です。
打撲で歩けないほどの痛みを感じているなら患部が腫れているので、比較的痛みを感じている部分を見つけやすくなっています。
ふくらはぎの打撲してしまっている部分を見つけたらその部分を冷湿布などを使って冷やします。
湿布には温めるタイプもありますが、怪我をしてしまった直後に温めてしまうことによって、内出血がひどくなってしまったり、炎症が悪化してしまうことになるので、温めるタイプの湿布は使わないようにしましょう。
冷湿布がないという場合には、氷を使って冷やすこともできます。
ビニール袋などに氷を入れてタオルを間に入れるようにして冷やすようにしましょう。

スポンサーリンク

打撲で歩けない場合、応急処置をすることが大切ですが、この応急処置を行っても歩けるようにならないような場合には、整形外科を受診することが大切です。
整形外科を受診することによって患部冷却以外の治療も受けられるので歩けるようになってきます。
また、素人の判断で打撲で歩けないと思っていたとしても実は骨折してしまっているという可能性も少なくないので、痛みがひどかったり、痛みが引かなくて歩けるようにならないという場合には、レントゲン検査を受けて骨折しているかどうかをハッキリさせるようにしましょう。
また、痛みが引いて歩けるようになってきたらぬるめのお風呂に身を浸すことによって自然治癒力を高めることができます。
打撲で歩けない場合は、まずは患部を冷やすことが大切です。
冷やすといった応急処置を行っても歩けるようにならない場合は、骨折などの可能性も考えられるので必ず整形外科を受診して検査を受けるようにしましょう。
 打撲で歩けない場合もしっかりと応急処置を行うことによって痛みも引いてきて歩けるようになることもあります。
ですので、打撲で歩けない場合は必ず患部を冷やすといった応急処置を施して歩けるようにすることが大切です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加