ふくらはぎ 強度打撲

ふくらはぎの強度打撲について

スポンサーリンク

 野球やサッカーのアクシデントでふくらはぎを強度打撲するケースがあります。
この場合、ふくらはぎが打撲によって内出血を起こしている場合は、すぐに氷などで冷やす事を推奨します。
冷やすことによって血管が収縮するために、内出血が緩和されます。
また強度打撲で動けない場合は、無理に立ち上がらずに車イスや担架を用意してもらいましょう。
無理に歩くと症状が悪化するために、回復が遅くなるために注意が必要です。
そしてふくらはぎの強度打撲で起き上がれない場合は、すぐに病院に行くことを推奨します。
病院では足の精密検査を行います。
そして強度打撲によって患部が腫れている場合は、骨折の可能性があります。
骨折の特徴は激しい痛みと患部の変形です。
病院のレントゲン検査で異常がない場合でも、亀裂骨折の場合はしっかりと映像に映らないケースがあります。
そのため帰宅後も、痛めたふくらはぎ部分の腫れが酷い場合はセカンドオピニオンで違う病院で検査をしましょう。

スポンサーリンク

スポーツによるアクシデントでふくらはぎを強度打撲した場合は、すぐに病院に行きましょう。
強度打撲により患部の痛みが激しい場合は、病院で鎮痛剤の薬や注射を打ってもらう事を推奨します。
医師に打撲をした状況を説明しましょう。
ふくらはぎの強度打撲による痛みは激しい場合が多いために、痛みを我慢すると睡眠障害になる場合があります。
そのため痛みを我慢せずに医師に相談をすることが大事となります。
ふくらはぎの強度打撲による痛みが強くて、帰宅が困難な場合は入院となるケースがあります。
この場合、湿布薬と痛み止めによる治療となります。
もっとも打撲の場合は骨折のように基本的に手術は必要ありません。
ただし、無理をして仕事や家事を行うと、症状が悪化して場合によっては後遺症が残るケースもありますので注意が必要となります。
打撲が治りかけてきた場合は、温泉に行くと回復が早くなります。
その理由は、温泉には打撲を癒す有効成分が含まれているからです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

ふくらはぎを打撲した時には確実な処置が大切です
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
打撲をしたことによるふくらはぎの痛み
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
ふくらはぎの打撲による腫れの治療について
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
ふくらはぎへの打ち身が中々治らない時の対処法
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
ふくらはぎの内出血の原因を知る
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。