ふくらはぎ 打ち身 治らない

ふくらはぎへの打ち身が中々治らない時の対処法

スポンサーリンク

 スポーツや運動をしている時に足をぶつけてしまうことで、ふくらはぎに打ち身が出来てしまうことがあります。
そこで中々治らない場合における対処法についてですが、打ち身を発症しているふくらはぎの部分に冷湿布を貼ります。
冷湿布を貼ることで、ふくらはぎや体内で発症している炎症を緩和することが出来ます。
ポイントとして患部を冷やすことが大切なので、冷湿布ではなく氷袋でも代用可能です。
冷湿布もしくは氷袋で患部を冷やす応急処置をすると、中々治らないふくらはぎの打ち身の症状も緩和することが出来ます。
治らない原因として、打ち身による症状を放置させてしまうと炎症が引かず痛みが増してしまいます。
ですがこのいずれかの応急処置を取ることで、打ち身による痛みを緩和することが出来ます。
そしてふくらはぎが腫れている時に、患部を冷やすことで治らない痛みも和らげることが可能です。
通常はこういった応急処置を取ることで、症状も安定することが多いです。

スポンサーリンク

 ふくらはぎを打ち身によって痛めてしまって中々治らない時には、患部を冷湿布や氷袋を使い冷やすことで痛みを緩和可能です。
通常はこの対処法で痛みが緩和されますが、それでも治らない時には医療機関を受診する必要があります。
ふくらはぎの打ち身の治療は整形外科で行っており、冷湿布や患部を冷やす以外にテーピングという治療法があります。
冷やすだけで治らないふくらはぎを一時的に固定して、冷湿布を患部に貼るという形で進めていきます。
同時並行して進めていくため、非常に効率の良い治療を受けることが出来るのが特徴となります。
また整形外科での打ち身治療は保険証が使用出来るので、治療費も数千円で済むということも大きな魅力となっています。
予約も必要無い診療科となっているため、痛みを感じる時にいつでも受診出来ます。
このように患部を冷やす応急処置でも治らない場合において、整形外科を受診して治療を進めていくとふくらはぎの打ち身を完治することが出来ます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

ふくらはぎを打撲した時には確実な処置が大切です
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
打撲をしたことによるふくらはぎの痛み
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
ふくらはぎの打撲による腫れの治療について
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
ふくらはぎの強度打撲について
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
ふくらはぎの内出血の原因を知る
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。