打撲血腫とは 治療

打撲血腫とは内出血の一種であり適切な治療が必要

スポンサーリンク

 打撲血腫とは体を強く打ち付けた際に生じる内出血の一種で、体内に大きな血の塊が生じた状態を指します。
打撲血腫とは通常の内出血とは異なり、血の塊が血液の流れを妨げたり神経を圧迫することで様々な弊害が生じることがあります。
血の塊が形成された部分によっては重大な疾患に見舞われる可能性があるので速やかに適切な治療が必要です。
打撲血腫とは主に体の特定の部分が強く叩かれたり挟まれるなど、外部から強い衝撃を受けることで生じます。
表皮が損傷せずに血管だけが傷ついて血液が漏れ出る状態を指しますが、打撲血腫とは大きな血の塊の影響でいつまでも痛みが続いたり、痺れや寒気など神経の圧迫による症状が生じます。
打撲血腫に対する治療は患部に形成された血の塊の除去が一般的な方法ですが、部位によっては大掛かりな手術が必要になります。
また、時間が経過すると血の塊が大きくなることもあるので、異常が生じたらすぐに病院で治療を受けるように心がけます。

スポンサーリンク

打撲血腫とは年齢や性別を問わず、誰でも発生する可能性があります。
その中でも特に中高年以上の層は加齢によって血管の弾力性が低下し、僅かな刺激でも内出血が生じやすいことから打撲血腫に見舞われるリスクが高くなります。
打撲血腫とは放置しても自然治癒することは殆ど無く、逆に内出血によって血の塊が大きくなってしまいます。
皮膚が黒ずんで見えることで見栄えが悪くなる他、血管や神経が圧迫されて人体に悪影響が及ぶこともあります。
打撲血腫に対しては医療機関で血の塊を除去したうえで損傷した血管を塞ぐ治療を受けるのが効果的な対処法です。
打撲血腫とは打撲によって体内に血の塊が生じることですが、軽度の場合は血の塊が小さく、周囲への悪影響が殆ど無いものも存在します。
治療の方法も外科的な処置ではなく、湿布によって患部の炎症を軽減させる処置が主流になります。
湿布を使った治療は体への負担が少ないのが利点ですが、血の塊が消えるまで時間がかかる欠点もあります。
そのため、打撲血腫に対する治療は患部の状態をよく確認して慎重に判断するように心がけます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加