顔の打撲 口 腫れ

顔の打撲と口に腫れが生じた際の対処法について

スポンサーリンク

 顔の打撲は殴られたり顔に固い物がぶつかった際に生じることがあります。
顔は体の他の部分に比べて筋肉や脂肪が薄いので外部からの刺激に弱く、打撲になりやすい傾向があります。
また、顔の打撲は治るまで時間がかかりやすい傾向があるので、治療の際は安静に保つように心がけることが大切です。
顔の打撲は患部の炎症や痛みだけではなく、口の中に腫れが生じることもあります。
口の中も顔面と同様に刺激に弱く、特に頬や舌が歯に強く擦れて切れることで腫れてしまいます。
口の中の腫れは傷が浅ければすぐに解消されますが、出血を伴う程の傷が生じていると歯や舌が触れることで余計な刺激に見舞われてしまい、完治が遅くなることがあります。
顔の打撲に見舞われた際は出来るだけ顔の筋肉や口の中を動かさないように努め、病院で処方された薬を適量だけ使います。
顔の打撲は放置しても自然治癒しにくいので、速やかに専門医が常駐する病院で適切な治療を受けることが大切です。

スポンサーリンク

顔の打撲に伴う口の中の腫れは患部に食べ物のカスや唾液などの汚れが付着しないように気を配るように心がけます。
また、食事中は咀嚼による顎の動きや口の中に溜まった飲食物などが傷に刺激を与えることになるので注意します。
顔の打撲が治るまでは患部に負担をかけないように気を配り、外部からの刺激を受けないように細心の注意を払うことが体を労わるための心得です。
口の中の腫れを鎮めるためには専用の薬剤を使用する他、生活の中で傷口に刺激を与えないようにすることが大切です。
特に飲食物の成分によっては腫れを悪化させてしまう物があるので、毎日の食事の際はメニューに気を配って腫れが悪化しないように注意します。
顔の打撲が完治した後は再発を防ぐために顔の周囲の安全に気を配る他、強い衝撃を受けたり痛みを感じた場合はすぐに病院で検査を受け、異常が確認されたら治療を受けて状態の悪化を未然に防ぐことが健やかに暮らすことに繋がります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

顔面打撲による腫れの症状の治療法は、冷やすなどの処置を行います
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
高齢者は転倒時に顔面強打の可能性が高いので注意
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
顔にできた打ち身の腫れやその対処などについて
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。