転倒 顔面強打 高齢者

高齢者は転倒時に顔面強打の可能性が高いので注意

スポンサーリンク

一般の人と比べても高齢者の場合には、多くの筋力が衰えている事が非常に多いです。
その為歩く時に使用する筋肉も衰えてしまって、ちょっとした段差や何もないところで転倒してしまう事も少なくありません。
その結果転倒してしまい、顔面強打をしてしまう可能性があるので高齢者の方は注意しなくてはいけません。
顔面強打してしまうと口を切ってしまったり、鼻血が出るなど大きなダメージが発生します。
深刻な症状の場合には、顔面強打により、骨折をしてしまう可能性も出てきます。
このような事態を極力避ける為には、歩く時に意識をあたける事が必要です。
若い時以上に歩く事に集中すれば、極力転倒してしまう事態を防げるので顔面強打を防げます。
その他にも疲労に関しても若い時と比べて発生しやすくなっています。
疲れがどんどん発生すれば、高齢者によって転倒しやすい状況が生まれます。
無理はしないで適度に休憩しながら歩けば、転倒する可能性を下げる事が可能です。

スポンサーリンク

高齢者の方はどうしても歩く意識が疎かになってしまって、転倒してしまう可能性が他の大人や子供よりも高くなります。
歩き方にもポイントがあり、かかとを中心に歩く事ができれば、それだけでも転倒する確率を下げられます。
特に雨や雪などで滑りやすくなっている時もかかとを中心に歩く事ができれば、転倒時の顔面強打を極力回避する事が可能です。
それでも高齢者が転倒してしまって、顔面強打してしまった場合には、すぐに治療を行わないといけません。
外見上は大きな変化が発生していなくても内出血や打撲が発生している可能性があります。
特に高齢者は痛みの感覚が鈍くなっている事が多く、顔面強打しても特に痛みを感じないで、治療を行わないケースがあります。
とても危険な状況で症状がどんどん悪化している可能性もあります。
万が一の事を考えて顔面強打してしまった高齢者は、近くにある病院に行ったり、状況によっては救急車を呼んで素早く処置をする事が必要です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

顔面打撲による腫れの症状の治療法は、冷やすなどの処置を行います
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
顔の打撲と口に腫れが生じた際の対処法について
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
顔にできた打ち身の腫れやその対処などについて
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。