内出血 原因 症状 処置 治し方

顔の内出血記事一覧

一般的に顔に内出血が起こることはよくあるとされています。例えば球技を行っている最中に顔にボールがぶつかってしまう事がありますし、また何かに顔をぶつけてしまうと言ったケースも珍しくはありません。基本的に体のどこかを何かにぶつけて場合には、その場所に内出血が起こります。血管は衝撃に弱く、比較的簡単に破れてしまいます。特に顔は皮膚が薄いとされていますので、ボールがぶつかったり何かに当たってしまった場合に...

 体を何処かにぶつけてしまった場合、その場では出血していなくても後になって内出血していることがわかるということがあります。皮膚の下には多くの血管が通っていますが、皮膚というのはとても頑丈に出来ているので簡単には傷つくことがありません。しかし、衝撃は皮膚を傷つけなくてもその内部にある血管を傷つけてしまうことがあります。そうなると、出血はしていなくても皮膚の内側では出血しているという状態になるのです。...

内出血とは強い衝撃を受けたことによって身体の中の血管が破れて血液が流れてしまう現象です。一般的に血液が流れると聞くと怪我などが原因で皮膚の傷から身体の外へ血が出ることを連想すると思いますが、内出血の場合は皮膚自体に傷はないため破れた血管から出た血液は身体の中に溜まってしまうのです。それによって外見的には負傷した場所が赤く腫れるたり、皮膚の一部が青色の痣になるなどがあります。状況によっては痣ではなく...

 ふと鏡を見た時に、白目が真っ赤に充血しているのに気づくと言った経験は多くの方が持っています。最近ではインターネットが発達していますし、パソコンや携帯電話でゲームなどをする機会も増えています。なので長時間モニターなどを見る事が増えて、目に大きな負担がかかるケースが年々増加しています。このように目を酷使してしまうと内出血を起こす事があります。またボールが顔に当たったり、壁やドアなどに強くぶつけた場合...