内出血 原因 症状 処置 治し方

内出血しやすいことと病気の関係記事一覧

切り傷や擦り傷など皮膚が傷ついた場合には、それに伴って出血が見られることがあります。しかし、強い力が外部から加わった場合でも皮膚や粘膜が傷つかず、出血が見られないこともあります。このような状態を「内出血」と言います。内出血では、出血が見られることはありませんが、青あざなどの症状が出ることはあります。内出血は時間の経過とともに消えて見えなくなります。皮膚に近い部位に内出血しやすいと言えます。なお、深...

 気づくと手の甲が内出血していた。そういった経験はないでしょうか。どこかに強くぶつけたという記憶があったり、自然と治っていく内出血は問題ありません。 注意したいのは、何週間経っても治らなかったり、他の部位に内出血が増えていく場合です。なぜなら、白血病の兆候は‘あざ’だったりするからです。血管の損傷が、血小板の不足によりなかなか治すことができずにあざとなって残りがちになりやすいのです。 自覚症状がが...