内出血 原因 症状 処置 治し方

内出血 塗り薬 軟膏 ヒルドイド 早く治す 薬記事一覧

 内出血は、一般には打撲などで皮膚表面に青黒いあざができた状態のことをいいます。そのままにしておいても自然に治りますが、見た目がよくない、目立つなどで気になる人も多いでしょう。また、腕に内出血があるような場合は、長袖の服の冬なら気にならなくても、半袖の服を着る夏にはかなり気になるという人もいます。また内出血を放っておくと色素沈着してしまい、あざになることもあります。このような時の治療方法としては、...

 内出血は打撲などで血管が切れ、皮膚の下に血液が溜まった状態です。はじめは赤紫色のアザのように見え、次第に青っぽく変色してきます。キスマークも内出血の一種です。まだ皮下で出血している状態なら、腫れや炎症を抑えるために冷やすのが有効です。しかし傷が塞がっているなら、冷やすと新陳代謝が悪くなり、回復が遅れてしまいます。ケガから数日が経過したら、むしろぬるま湯などで温めることで治癒が早まります。目立つ部...

 体が衝撃を受けることで表面部分の皮が切れずに内側の皮膚や皮膚の下部組織だけにダメージが与えられて内部で出血することを内出血といいます。これは、皮膚が薄く、内側部位にダメージが加わりやすい部位にできやすく目立つ場合があります。そのため少しでも早く治す方法について紹介します。内出血が発生したらその部位は炎症が起き、熱を持っています。ですからすぐに患部を冷やすことが重要となります。冷やすことで炎症を防...