内出血 原因 症状 処置 治し方

ふくらはぎ 内出血 原因 ふくらはぎの痛み 打撲 処置 腫れ 打ち身 治らない 強度打撲記事一覧

 スポーツをしているときに強く打ったりすることでふくらはぎが打撲になることがあります。ひどくない打撲であればそのままにしておいても問題ないですが、打ちどころが良くない場合は歩くのもつらい状態になってしまいます。打撲した時には初期の段階での処置が非常に大切です。とりあえずは打撲した部分の炎症を緩和する処置が大事です。ふくらはぎは歩くなどの際にも使う部位なのでいったん安静にしておきます。そして湿布を使...

 ふくらはぎの痛みは長引いてしまうことが多い傾向にあります。また、場合によってはテーピングなどを行って治療していく必要も出てきます。ふくらはぎには大きな筋肉が二つあり、内側と外側に別れている二つの筋肉は、内側の部分の方が怪我をしやすい傾向にあります。ですが、打撲の場合は何かに強くぶつけてしまうことからふくらはぎの外側やふくらはぎの後ろ側の部分が多くなっています。打撲をしてしまったことによるふくらは...

 ふくらはぎはよく動かすところなので物にぶつけることがあり、そういう打撲の問題が起こると腫れることがあります。打撲による腫れは初期の段階で適切な対応をすれば治りやすく、大きな問題にならないようにすることができます。このような問題では内出血が発生しやすく、そういう問題への対応をすることが重要です。打撲による内出血は放置をしていると体の内部で塊になることがあるので、適切な対応が必要です。ふくらはぎの打...

 野球やサッカーのアクシデントでふくらはぎを強度打撲するケースがあります。この場合、ふくらはぎが打撲によって内出血を起こしている場合は、すぐに氷などで冷やす事を推奨します。冷やすことによって血管が収縮するために、内出血が緩和されます。また強度打撲で動けない場合は、無理に立ち上がらずに車イスや担架を用意してもらいましょう。無理に歩くと症状が悪化するために、回復が遅くなるために注意が必要です。そしてふ...

 スポーツや運動をしている時に足をぶつけてしまうことで、ふくらはぎに打ち身が出来てしまうことがあります。そこで中々治らない場合における対処法についてですが、打ち身を発症しているふくらはぎの部分に冷湿布を貼ります。冷湿布を貼ることで、ふくらはぎや体内で発症している炎症を緩和することが出来ます。ポイントとして患部を冷やすことが大切なので、冷湿布ではなく氷袋でも代用可能です。冷湿布もしくは氷袋で患部を冷...

ふくらはぎは第二の心臓と呼ばれているほど大事な役割を果たしています。私達の身体の中には動脈と静脈があり、心臓から押し出された血液は動脈を通って酸素と栄養を身体中に送っています。そして静脈を通って老廃物を運び、腎臓でろ過された老廃物は尿と一緒に体外に排出されているのです。静脈で運びきれなかった老廃物はリンパ液が運んでいます。静脈は力が弱いので自分の力だけでは運ぶ事ができず、周辺の筋肉の力を借りていま...