目 内出血 治し方

目の内出血の治し方について

スポンサーリンク

 ふと鏡を見た時に、白目が真っ赤に充血しているのに気づくと言った経験は多くの方が持っています。
最近ではインターネットが発達していますし、パソコンや携帯電話でゲームなどをする機会も増えています。
なので長時間モニターなどを見る事が増えて、目に大きな負担がかかるケースが年々増加しています。
このように目を酷使してしまうと内出血を起こす事があります。
またボールが顔に当たったり、壁やドアなどに強くぶつけた場合にも内出血を起こす事があります。
目は人体の中でも特に重要な器官だとされていますし、最も目立つ場所になります。
したがって内出血を起こした場合には、適切な治し方を実践する事が重要なポイントになります。
まずはアイシングが大きなポイントになります。
内出血起こした直後には、出血量を抑える為に冷やす事が効果的とされています。
と言っても眼球を直接冷やす事は危険なので、まぶたを閉じて保冷剤や氷などで冷やす事が重要になります。

スポンサーリンク

そして、十分に冷やした後は温める事がポイントになります。
基本的に初期段階では出血を抑えて、腫れや炎症を防止するためにも冷やす事が肝心になります。
しかし十分に冷やした後は温める必要があります。
と言うのも冷やす事で収縮した血管を今度は拡張する事が重要になるからです。
内出血は血管が破れてそこから出血しています。
なので破れた血管を修復する必要があります。
そのために必要な栄養などは血管を通じて運ばれますので、収縮していると効率的に運ぶことができなくなってしまいます。
したがって基本的な治し方としては、冷やした後に温める事が挙げられます。
多くの場合はこの治し方で問題はないと言えます。
しかし中にはいつまでも充血が治まらない場合や、激しい痛みを伴う場合があります。
その様な場合には自分で対処せずに、眼科などで医師の診察を受ける事が重要になります。
自己判断で処置を行ってしまうと、大きな問題に繋がる可能性がありますので避けるべきだとされています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

顔の内出血を早く治す方法とは
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
顔に出来てしまった内出血の出来るだけ早い治し方
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
内出血の原因は顔などの強打にある
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。