顔 内出血 治し方

顔に出来てしまった内出血の出来るだけ早い治し方

スポンサーリンク

 体を何処かにぶつけてしまった場合、その場では出血していなくても後になって内出血していることがわかるということがあります。
皮膚の下には多くの血管が通っていますが、皮膚というのはとても頑丈に出来ているので簡単には傷つくことがありません。
しかし、衝撃は皮膚を傷つけなくてもその内部にある血管を傷つけてしまうことがあります。
そうなると、出血はしていなくても皮膚の内側では出血しているという状態になるのです。
どこかに体を強打してしまった場合、肌に紫色のあざのようなものが出来るのはこれが原因です。
通常の出血した時の怪我と同じように、大抵は放置していても自然と治癒して消えてしまいます。
基本的には体をどこかにぶつけたりしないかぎりは見られない症状ですが、どこにもぶつけた記憶が無いのに青あざが出来ているという場合には注意が必要です。
何度もそういった症状が見られる場合には、血液が正常に凝固していない可能性もあるので病院できちんと検査を受ける必要があります。

スポンサーリンク

普通なら放置していても自然と消える内出血ですが、場所によっては少しでも早く治したいと考える場所もあります。
特に顔に出来てしまった場合は人に見られることも多いので、出来るだけ早い治し方を知りたいという人も少なくないでしょう。
青あざが出来てしまっても、顔では隠すことも出来ないので人によっては生活に大きな支障があります。
内出血を起こしてしまった場合に気になるのが冷やした方が良いのか、それとも温めた方が正しい治し方なのかということです。
実はこのどちらも正解であり不正解でもあるのです。
初期段階は腫れを抑えるためにも冷やすのが効果的です。
しかし、しばらくしたら今度は逆に冷やすのではなく温めるのが正しい治し方なのです。
ホットタオルなどで顔を温めることで、血液の流れを良くして治癒力を高めることが出来るのです。
この順番を間違えてしまうと、逆に治癒するまでに時間がかかってしまったりもするので注意が必要です。
内出血は赤紫から青紫へと変化し、やがては黄色へと変化します。
黄色まで変化すればほとんど治癒している状態なので、メイクなどで誤魔化すのが良いでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

顔の内出血を早く治す方法とは
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
内出血の原因は顔などの強打にある
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
目の内出血の治し方について
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。