内出血 早く治す 薬

内出血を早く治すために使用するとよい薬とは

スポンサーリンク

 体が衝撃を受けることで表面部分の皮が切れずに内側の皮膚や皮膚の下部組織だけにダメージが与えられて内部で出血することを内出血といいます。
これは、皮膚が薄く、内側部位にダメージが加わりやすい部位にできやすく目立つ場合があります。
そのため少しでも早く治す方法について紹介します。
内出血が発生したらその部位は炎症が起き、熱を持っています。
ですからすぐに患部を冷やすことが重要となります。
冷やすことで炎症を防ぎ、腫れを早く引かせて症状の悪化を防ぐことが可能となります。
その後、2〜3日したら温めたタオルをあてたりして患部の血の流れをよく、うっ血している部位を解消させるようにします。
この時にお薬も併用すると内出血を早く治すことができます。
ここで使用されるお薬には漢方薬と外用剤があります。
漢方でよく使用されるものが血打撲一方(ちだぼくいっぽう)です。
これは打撲による痛みや腫れ、内出血を伴う場合によく飲まれており、漢方薬局やインターネットでも購入することができます。

スポンサーリンク

次は内出血を早く治す外用剤についてです。
この作用を有することでよく知られている外用剤がヘパリン類似物質です。
患部に塗ることでその部位の血行を良くして治るスピードをはやくすることができます。
ヘパリン類似物質は体内にあるヘパリンと似た作用を持つ成分です。
この成分は血行をよくして肌の新陳代謝や再生を促し、傷跡などを修復する作用があります。
さらに肌の潤いを取り戻す保湿作用や炎症を抑えて正常化する作用もあります。
そのため新陳代謝を活発にして早く内出血をひかせてくれます。
このお薬は処方箋がないと購入できないものと、ドラッグストアなどで市販されているものがあります。
市販されているものも、処方箋のものもヘパリン類似物質を0,3%配合されており、同様の効果が期待できます。
クリーム、ローション、ゲルタイプと種類がいくつかあるので、使用部位や好みによって選択することができます。
あと、お薬と同時に睡眠をきちんととることも早く治すポイントといえます。
睡眠中は成長ホルモンが分泌され、細胞の修復速度が早くなります。
さらに睡眠中は副交感神経が活発になるため細胞の修復が行なわれやすくなるからです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

内出血は軟膏タイプの塗り薬で治すこともできます
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
内出血を早く治す外用薬ヒルドイド
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。