内出血 腫れ 治し方

内出血による腫れの治し方

スポンサーリンク

 内出血とは、ドアで指をはさんだり、物に足を強くぶつけたり、なんらかの衝撃を外部からうけた場合に血管が破れてしまい、体内で出血してしまう状態のことをいいます。
しかし、血管が生まれつき弱い、または老化や生活習慣の乱れなどが原因で血管がもろくなっている場合には、比較的軽い衝撃でも内出血を引き起こす場合もあります。
また、病気などが原因で内臓などからの出血や血管を損傷してしまう場合もあり、その場合にも内出血になる場合があります。
内出血は全身のどこでも起こる可能性がありますが、特に、活動している時に一番よく動かす部位、手足やその指先などに衝撃が与えられることが多く、強い衝撃をうけた場合には、腫れてしまうこともあるため、早めの治療や対処をすることが大切です。
腫れてしまっている状態で長く放置してしまうと状態が悪化してしまうこともあるので、短期間で治らず、治療が長引いてしまうこともあるので、注意が必要です。

スポンサーリンク

内出血をした場合、腫れてあざなどが出来ている状態での治し方としては、基本的にすぐ冷やすことが大切です。
衝撃をうけ、血管が損傷している状態であるため、炎症が起きています。
その炎症を冷やすことで軽減します。
腫れている場合でも冷やすことで効果があるといわれています。
ただし、極端に冷やす行為、例えば氷を直接肌に当てて冷やすと、皮膚に刺激が強すぎるため、ビニール袋に氷を入れ、その上からタオルなどでくるんでから肌に当て冷やすようにしましょう。
ある程度冷やして腫れが引いた場合には、温めたタオルなどを使用して幹部を徐々に温めるといいでしょう。
そうすることで、血行が促進されケガの回復が早まることにつながります。
また、内出血の治し方として回復を早めてくれる方法としては、食事により血液に必要な栄養を積極的にとることも大切です。
血液にとって重要な成分ともいえる鉄分や、鉄分を効率的に取り込む手助けをしてくれるビタミンCなどを食事に取り入れていくことで回復を早めてくれることが期待できます。
それ以外の治し方としては、塗り薬などによって、血行を良くする方法などもあります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加