打撲 内出血 色

内出血は打撲などが原因で起こり皮膚に青色の痣ができる

スポンサーリンク

 内出血とは身体に強い衝撃を受けたことにより血管が破れてしまう現象です。
通常怪我や負傷すると皮膚が剥けたり切ったりして血液を流すものですが、内出血の場合は打撲や打ち身によるものなので皮膚の表面上だけは無事なのが異なります。
血管から流れた血液は行き場を失い負傷場所に溜まってしまうため、外見的には青色の痣になることや腫れ上がり赤色に炎症を起こすことがあります。
人によっては赤色や青色の斑点のようなものが浮かび上がることもあります。
内出血を起こす原因である打撲や打ち身とは、日常生活で例えると転倒やぶつけたことなどがあります。
他にもスポーツをしていて脱臼した、殴り合いの喧嘩による打撲や打ち身で発症した、たんこぶを作ったなどもあります。
一般的に発症する場所は手足に多く出ますが、顔や頭に出た場合は注意が必要です。
衝撃の強さによっては骨にまで響いていることもあり、その場合最悪で骨折していることもあるため病院で検査を受けてもらってください。

スポンサーリンク

内出血の主な症状は患部の痛みと腫れや炎症になります。
治療処置をとして一刻も早く患部を冷水や氷で冷やす必要があります。
これは身体の中で起こっている血管から流れた血液を止血させて被害の拡大を防ぐ効果と、痛みを抑える効果があります。
この時の冷却時間は数分ではなく、最低でも1日ほどずっと冷やし続ける必要があります。
この時保冷剤などをタオルや包帯などを使って患部に固定させるようにするとよいです。
頭の場合はバンダナのように巻くかアイス枕を用いてください。
次の治療処置として冷やした患部を反対に温める処置を行います。
この処置を行う事で患部の血行や血のめぐりを良くすることで回復力を上げる効果を得るためです。
ただし注意点として、この方法を行う時は必ず患部の腫れや炎症が治まったことを確認してからにしてください。
タイミングが早すぎると逆効果になってしまいさらに治療に時間がかかってしまいます。
他には食事で栄養を補うことでも治療が早くなります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

内出血は一般的に手足に起こり斑点が浮かぶことがある
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
内出血によるあざの色に変化があります
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
内出血で出来た消えないあざを消す方法
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
足に内出血、痛くないアザ
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
内出血斑の原因について
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
内出血を起こした時に皮膚に赤い斑点が浮かぶことがある
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
内出血による青あざの消し方について
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。