爪 内出血 早く治す

爪にできた内出血を早く治す方法について

スポンサーリンク

 例えば手の指をドアに挟んでしまったりした時に、爪が内出血を起こす事があります。
 またきつい靴を長時間履いたりした時には、足の爪が内出血を起こす事もあります。
基本的に、どちらの場合も早く治す方法というモノは無いとされています。
と言うのも多くの場合は自然に治りますので、病院などに行ってもそのまま様子を見ると言う対処が行われる事が一般的になっています。
しかし本人にとっては気になるものですし、爪が生え変わるにはおよそ半年程度かかると言われています。
それだけの期間爪を気にしながら過ごす事はストレスにもつながってしまう可能性がありますので、できれば早く治す必要があります。
爪に内出血が起こる原因としては、強い衝撃や締め付けなどにより血管が破れ出血する事が挙げられます。
なのでまずは患部を冷やして内出血の量を抑える事が重要なポイントになりますし、こうする事で腫れや炎症などを抑える効果も期待できるとされています。

スポンサーリンク

また、患部を温める事も良いとされています。
十分に冷やした後は血行を促進させ、患部に治癒に必要な栄養を送ることが早く治すためのポイントになるとされています。
なお症状が悪化すると変色する事があります。
多くの場合初期段階では薄紫色をしていますが、時間の経過と共に色が濃くなってきます。
そして、最終的には爪全体が真っ黒になってしまいます。
こうなってしまうと見た目も良くはありませんし、周りの目も気になってしまいます。
なので、溜まってしまった血腫を抜く必要があります。
これは簡単なやり方でできるので、基本的に自分でも行うことが可能になります。
その方法はクリップや針金などを熱して、十分に熱くなったら患部に押し当て穴を開けます。
こうする事で溜まった血腫が外に排出されます。
ただし雑菌が入り込み化膿してしまう事もありますので、出来る限り病院などで行う必要があります。
医師に血を抜きたい旨を伝え、治療を行ってもらうことが安全性が高いと言えます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

爪の内出血と血抜きについて
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
内出血を起こして爪がはがれる時の対処法について
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
爪にできた内出血の治し方とは
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
爪に内出血が起こった時には病院の何科を受診すれば良いのか
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。