唇 内出血 原因

唇に内出血が起こる原因と対処法について

スポンサーリンク

 基本的に内出血が起こりやすい場所としては、肘や膝、目の周りなどが挙げられます。
これらの場所は比較的皮膚が薄く、衝撃によって血管が破れやすい場所になっています。
そもそも内出血は何らかの理由によって血管が破れ、皮膚の下に出血を起こした状態の事を指しています。
なので衝撃に弱い部分は内出血を起こしやすいとされています。
しかし珍しいケースになりますが、唇に内出血を起こす事があります。
この場合には2種類の原因を挙げる事が可能になります。
まずは唇を噛む事が原因になっている場合ですが、これは本人も無意識に行っている場合がほとんどになります。
強いストレスを感じた時や緊張状態にある時に、唇を強く噛みしめる事でそれを紛らわそうとしています。
なお、これは癖なので本人の努力でしか対処する事はできません。
病院に行って薬を処方して癖を直すと言う事はできませんので、周りの方に注意してもらったりするなどして対応をする事が求められます。

スポンサーリンク

次の原因としては、顔に強い衝撃が加わった事が挙げられます。
例えば野球やバレーボールなどの球技を行っている最中に、ボールが顔にぶつかってしまう事があります。
そうなるとぶつかった部位に内出血を起こしてしまいます。
なお基本的に内出血は、1週間から2週間で治るとされています。
なので大きな問題にはなりにくいとされていますが、唇は比較的目立つ場所になりますので早めに対処する事が必要になります。
まずはぶつけてしまったら即座に冷やす事が挙げられます。
これは出血の量を抑える為に行われ、この段階でキチンと対処する事で大きくなったり治りにくくなることを防ぐことが可能になります。
そして出血や腫れが引いたら今度は温める必要があります。
基本的に治癒に必要な栄養は血管を通じて運ばれます。
したがってその栄養を効率的に患部に送るためには血行を促進させる事が重要になります。
なので、冷やした後には温める事が良いとされています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加