内出血 治し方 指

指の内出血の治し方について

スポンサーリンク

内出血とは何かと言うと、切り傷などの血が出るような傷ではなく内側で血が出て皮膚に中で血が出血する怪我を言います。
またどうしたら内出血が起こるのかというと強く物にぶつけたりするとそこから内出血を起こします。
また、ただの怪我だけでなく病気の可能性もあります。
その病気が紫斑病というものです。
その紫斑病には幾つか種類があり1つ目は単純性紫斑病です。
これは若い女性に多く見られ遺伝子が関係してきます。
症状としては毛細血管が弱まりそこから血液が漏れ出してしまうといったものです。
2つ目は、老人性紫斑病です。
これは60歳以上の高齢者に多く見られる病気です。
皮膚や血管の強度が弱まって血液が漏れてしまう病気です。
3つ目は、少し名前が長いですが、突発性血小板減少性紫斑病と言う病気です。
これは子供に多く見られ自己の免疫が暴走してしまいそれによって血小板を破壊してしまい起こります。
内出血はただの怪我の場合が多いですが、中には病気の可能性もありますので早めに治すのが大切です。

スポンサーリンク

では指の内出血とその他の内出血の治し方としては、まず指を強く打って怪我をした場合はその患部にガーゼを巻き安静にする事が良い方法です。
また、その血豆の部分がずっと痛いならば血を外に出すという方法もあります。
ただ、この方法としては痛みはある程度消えますがそこからばい菌が入ったりする可能性がありますので、できるだけ潰したりせずに自然に治っていくのを待つのが良いです。
また、潰したり自然に治るのを待つ方法以外にも、患部を24時間以内に冷やしてあげる事も大切です。
そして冷やした後に温める事も大事です。
温める事とはお風呂に入る事と同じことで、血豆の部分を温めることによって血行を促進して血液に含まれる栄養が運ばれて早く治せます。
指の治し方としては簡単な方法です。
またその他の治し方としては、食事で治りを早くする方法です。
血液には多くの鉄分が含まれますのでそれを補うことが大切です。
病気に関しては病院へ行き早期発見をして治療することが大切です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

指を挟んだり指を挟むことによる内出血について
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
指を挟むなどして内出血を起こした時の適切な処置とは
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
指に起こる内出血の原因と対処法について
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
指を挟むときの内出血や腫れについて
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
指を挟むなどして内出血を起こした時の処置について
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。