爪 内出血 はがれる

内出血を起こして爪がはがれる時の対処法について

スポンサーリンク

爪に内出血が起こる場合には、手の指よりも足の指の方が多いとされています。
基本的に足は負荷がかかりやすい場所となっていますし、特につま先は最も負担がかかる場所とされています。
足の爪が内出血を起こす原因としては、主に2種類挙げる事ができます。
一つは重たいモノを落とすなどの強い衝撃が加わった場合で、もう一つは小さい靴を履き続けた場合になります。
足の上にモノを落とす経験は大抵の人が持っていますし、家具の角にぶつけたりドアに挟むと言ったケースもあります。
このように強い衝撃が加わった場合には爪が内出血を起こす事があります。
またファッション性を重視する女性は、サイズの合わない小さな靴を履くことがあります。
その様な靴は足に負担をかけますし、内出血以外にも様々な弊害を引き起す可能性があります。
そして内出血の主な症状としては、痛みと変色が挙げられます。
しかし中には爪がはがれると言った症状を起こす場合もあります。

スポンサーリンク

足の爪が内出血を起こすと最初は薄紫色だったものが段々と濃くなり、最終的には真っ黒になってしまいます。
また爪がグラグラしだし、はがれると言った事も珍しい話ではありません。
どちらの場合も基本的には放っておく事で自然と治ります。
変色した場合はおよそ半年程度で生え変わりますし、はがれる場合にも同じことが言えます。
ただしはがれてしまった場合には、衛生面では十分なケアが必要になります。
はがれてしまっても新しく生えてきますが、その新しく生えるまでの間は感染症の危険が伴います。
傷口から雑菌が入り込む可能性がありますし、そうなってしまうと正常に生えてこなくなる事もあります。
また炎症を起こしたり化膿してしまう事もありますので、皮膚科などで医師の診察を受ける必要があります。
なお炎症や痛みなどの症状は皮膚科で対応できますが、おかしな生え方をしている場合や変形してしまっている場合には整形外科で医師の診察を受ける事が重要になります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

爪の内出血と血抜きについて
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
爪にできた内出血を早く治す方法について
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
爪にできた内出血の治し方とは
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
爪に内出血が起こった時には病院の何科を受診すれば良いのか
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。