指 内出血 原因

指に起こる内出血の原因と対処法について

スポンサーリンク

 指に内出血が起こる原因として最も多いのが、ドアなどに挟んでしまう事になります。
急いでドアを開け閉めした場合や気が緩んでいる時などに、うっかり挟んでしまうケースが多く見られます。
また何かにぶつけてしまうケースも多々見られます。
例えば壁に強く指を打ち付けてしまう事がありますし、工作中に金づちで指を打ってしまうこともよくある話になります。
このように基本的に指に起こる内出血の原因としては、ドアなどに挟む事と何かにぶつけてしまう事になります。
基本的には内出血は1週間から2週間程度で治るとされていますので、病院に行ったりするなどの処置は必要ないとされています。
しかしキチンと対処する事で治りを早くしたり、痛みを和らげる事が可能になりますのでその対処法を把握しておく事は重要なポイントになります。
一般的に適切な対応としては、冷やす事と温める事が挙げられます。
ただし間違ったやり方をしてしまうと痛みが激しくなる事があります。

スポンサーリンク

最初に行うべきなのは、冷やす事になります。
これはアイシングと呼ばれる行為で、患部を冷やす事で血管を収縮させ出血量を抑えます。
また、出血量を抑えると共に腫れの原因である炎症を抑える効果もあるとされています。
なのでぶつけたり挟んだりした場合には、まずは冷やす事が重要なポイントになります。
そして冷やした後には温める事が大切になります。
冷やして出血や炎症を抑えた後には、収縮した血管を拡張させる必要があります。
人間には自然治癒力が備わっていますが、そのために必要な栄養は血管を通じて全身に運ばれています。
なので収縮したままだと効率的に運ばれなくなってしまうので、温めて血管を広げる事が大きなポイントになります。
なお指の骨は比較的もろいとされていますので、激しい衝撃が加わった場合には骨折している可能性があります。
したがって長期に渡って痛みが継続したり、いつまでも腫れが治まらない場合などには医師の診察を受ける必要があります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

指を挟んだり指を挟むことによる内出血について
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
指を挟むなどして内出血を起こした時の適切な処置とは
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
指の内出血の治し方について
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
指を挟むときの内出血や腫れについて
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
指を挟むなどして内出血を起こした時の処置について
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。