レーザー脱毛 内出血

レーザー脱毛で内出血などの肌トラブル

スポンサーリンク

 レーザー脱毛は黒色に反応するレーザー光を照射して、毛根を破壊する脱毛方法です。
エステサロンなどで用いられる光脱毛よりも強力なので、効果は高いとされていますが、それだけ肌への刺激も強く、内出血などの副作用には注意が必要です。
法律的にはレーザー脱毛は医療行為とされており、医師以外の者が施術することはできません。
しかし現実には医師免許を持たないスタッフが施術して、問題を起こしたケースも報告されています。
体毛には成長期・退行期・休止期のヘアサイクルがあり、レーザーが脱毛効果を発揮するのは成長期の毛根だけです。
したがって完全に脱毛するためには、退行期や休止期の毛根が成長期に戻るまで、何回にも分けて施術しなければなりません。
またレーザーが黒い部分に熱を加えて破壊する仕組みなので、地肌の黒い人や日焼けした人には照射できないことがあります。
これを避けるため出力を抑えて施術すると、効果が低くなってしまいます。

スポンサーリンク

レーザー脱毛は皮下組織にダメージを与えるため、どうしても痛みを伴います。
痛みに弱い人や、特にデリケートな部分を脱毛する際には、注射で麻酔をすることがあります。
このとき針が血管を傷つけ、内出血を起こす可能性があります。
こうした内出血は、時間が経つと自然に回復します。
レーザー脱毛後の肌トラブルとして多いのは火傷です。
肌が赤くなったり腫れたりしますが、普通は数時間で治まります。
照射量が多すぎたり、肌が乾燥していたりすると、火傷が起こりやすくなります。
施術後は照射部位をよく冷やすことが大切です。
肌を熱しすぎないよう、冷却しながら照射するタイプの脱毛マシンもあります。
まれに施術後の異常が治らず、内出血のように変色したままになったり、炎症が続いたりすることがあります。
こうした場合は炎症を抑える内服薬や、色素を沈着させる塗り薬で治療します。
いずれにせよ実績の豊富なクリニックを選び、よく相談した上で施術を受けることが重要です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加