内出血斑 原因

内出血斑の原因について

スポンサーリンク

 毎日の生活の中で、とくにどこかに打ち付けた記憶がないのに手や足に内出血をしているというような経験をしたことがある人が多くなっています。
このようなときに考えられるのは、紫斑病となっています。
打撲などをしたときには、手や腕に内出血として残ることがありますが、打撲などの外傷がないのに、皮下組織や皮膚に青食や赤紫色の内出血斑が生じることがあります。
内出血斑の症状は大きさや色がさまざまとなっていますが、初期の段階では赤い小さな点のような内出血斑が見られるようになっています。
しかし時間が経過すると共に、この部分が青あざのような色に変化していくのです。
これらは紫斑病の種類によって全身に症状が見られることもありますが、下肢を中心に症状が見られることもあります。
原因としてはどのようなことがあるのかが気になりますが、原因として考えられているのは毛細血管や血小板や血液の凝固因子に何らかの問題があるという場合です。

スポンサーリンク

このほかに簡単に毛細血管が損傷することで内出血を発症し、止血しにくくなっているとのことから、外傷がなくてもない出血を生じることがあります。
しかし内出血以外が原因となっていることもあります。
紫斑病という病気は、内出血による内出血斑が多くなっていますが、このほかの症状が現れることもあります。
たとえば歯茎から出血が見られる場合や、鼻血が出る回数が多い、切り傷などをしたときに出血が止まりにくかったり、月経の際の出血量が多いというような症状を伴うこともあります。
紫斑病は次の3つに分けることができます。
単純性といわれるものは症状が紫斑だけとなっています。
遺伝的な傾向があります。
このほかに老人性というものがありますが、この場合には60歳以上の高齢者に多く見られ、前腕部にたくさん現れる傾向があります。
突発性血小板減少では、とくに子供にたくさん見られ、自己免疫の暴走によって血小板が破壊されることが原因となっています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

内出血は一般的に手足に起こり斑点が浮かぶことがある
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
内出血によるあざの色に変化があります
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
内出血で出来た消えないあざを消す方法
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
足に内出血、痛くないアザ
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
内出血は打撲などが原因で起こり皮膚に青色の痣ができる
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
内出血を起こした時に皮膚に赤い斑点が浮かぶことがある
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
内出血による青あざの消し方について
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。