爪 内出血 治し方

爪にできた内出血の治し方とは

スポンサーリンク

 一般的に内出血が起こりやすい場所は、腕や脚などになるとされています。
これらの場所は頻繁に動かしますので、何かにぶつけてしまったり、どこかに挟んでしまう事が多い場所になります。
ただ、ぶつけたり挟んだりした場合に爪に内出血が起こることがあります。
例えば指先に強い衝撃が加わった時には爪に内出血が起こりますし、きつい靴を長時間履いていた場合にも足の爪に内出血が起こることがあります。
この原因としては急激に強い負荷がかかった事や、きつい締め付けによる過度の圧迫で血管が破れ出血している事が挙げられます。
基本的な治し方は、自然治癒になります。
人間には自然治癒力が備わっていますので、大抵の怪我は自然に治っていきます。
爪が剥がれた場合や骨折していた場合などを除き、基本的には放置しておく事が治し方として挙げる事ができます。
なお病院に行った場合にも痛み止めなどの処方は行ってくれますが、多くの場合は放置しておくことを推奨されます。

スポンサーリンク

放置しておけば治るとされていても、本人は一刻も早く治したいと思うケースがほとんどになります。
その様な場合には自分で行う治し方を実践する事が重要なポイントになります。
爪に内出血が起こった場合に、最も気になるのが変色になります。
健康な状態ではピンク色をしていますが、症状が進むに連れ薄紫色から次第に真っ黒になってしまいます。
この原因は溜まってしまった血腫になります。
出血が逃げ場をなくして患部に留まってしまい、それが爪を変色させてしまいます。
なのでこの溜まってしまった血腫を外に逃がす必要があります。
その方法は非常にシンプルな方法で、消毒したクリップや針などをライターなどで十分に熱します。
そしてそれを患部に押し当てて穴を開けます。
こうする事で開いた穴から血腫が排出されます。
ただし、しっかりとアフターケアをしないと化膿してしまったりするので出来れば病院に行って医師に行ってもらった方が良いとされています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

爪の内出血と血抜きについて
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
爪にできた内出血を早く治す方法について
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
内出血を起こして爪がはがれる時の対処法について
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
爪に内出血が起こった時には病院の何科を受診すれば良いのか
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。