顔 内出血 原因

内出血の原因は顔などの強打にある

スポンサーリンク

内出血とは強い衝撃を受けたことによって身体の中の血管が破れて血液が流れてしまう現象です。
一般的に血液が流れると聞くと怪我などが原因で皮膚の傷から身体の外へ血が出ることを連想すると思いますが、内出血の場合は皮膚自体に傷はないため破れた血管から出た血液は身体の中に溜まってしまうのです。
それによって外見的には負傷した場所が赤く腫れるたり、皮膚の一部が青色の痣になるなどがあります。
状況によっては痣ではなく斑点のようなものが浮かび上がることもあります。
原因である強い衝撃とは打撲や打ち身によるものが一般的です。
例えば走っていた時に思いっきり転んだ例や、ボールで遊んでいた時に強くぶつけられた例や、殴り合って発症したなどの極端な例もあります。
ちなみに子供の頃に作ってしまう人もいたと思われるたんこぶの正体は、頭部で起こった内出血なのです。
負傷する場所は手や足が多くありますが、顔だった場合は要注意です。
顔や頭は骨折していたとの例もあるため処置を行いつつ病院で診てもらうようにしてください。

スポンサーリンク

内出血を起こしてしまった場合、まず第一に患部を冷水や氷で冷やします。
これは身体の中で起こっている出血を抑えて症状の拡大を防ぐためです。
この時の冷却時間は火傷の症状とは異なり少なくとも1日以上かかります。
その間患部を保冷剤で冷やしつつ固定するようにしてください。
顔の場合はバンダナや鉢巻のように保冷剤を固定させるとよいでしょう。
人によっては患部に斑点のようなものができてしまうことがありますが、これは紫斑病と呼ばれる病気の一種です。
血管の問題によりごく僅かな出血を繰り返すことにより皮膚に斑点となって浮かび上がる現象があります。
詳しい原因が不明なものもあるため早めに病院で診てもらいましょう。
内出血を早く治す方法として患部を冷やした後に温める処置があります。
これは冷やした患部を温めることで血行を促進させ、自然治癒力を高める効果を得るためです。
ただし患部の腫れや炎症が治まるほど冷やしたあとに行わないと逆効果になってしまうので、タイミングにはご注意ください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

顔の内出血を早く治す方法とは
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
顔に出来てしまった内出血の出来るだけ早い治し方
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
目の内出血の治し方について
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。