内出血 あざ 消えない

内出血で出来た消えないあざを消す方法

スポンサーリンク

 内出血は体をぶつけた時や何かの衝撃を受けた時に起こるため、スポーツをしている時だけでなく、日常生活でもよく起こることです。
そのため、内出血でできたあざが消えない早く消したいと悩んでいる人は多いのです。
内出血とは、衝撃を受けた部分の皮膚の下の血管が壊れ出血し血液が固まることです。
これは身体がその傷や痛みを治そうとしている自然の力なので決して悪いことではありません。
ただ、その固まった血液はメラニン色素により皮膚に現れるため、特に女性は早く消したい残したくないと思うのです。
あざを残さないためには、体をぶつけた時にすぐに対処することが大切です。
一番大切なことはぶつけた後すぐに冷却することです。
皮膚の下で炎症を起こして熱を持っているため、冷却することによって炎症を内出血を和らげるのです。
応急処置では決して温めてはいけません。
腫れが引いたもしくは時間が経過した場合は熱いタオルで温めるのが効果的です。
温めることで血行を促進して、たまった血液を循環させることであざを消していくのです。

スポンサーリンク

食事を改善することも効果的です。
内出血は血流を良くすることによって改善されるため、血液に必要な成分であるヘモグロビンを作ることが必要になります。
そのため、ヘモグロビンを作るための栄養分である鉄分やビタミンCを多く含む食物を摂取することが重要です。
鉄分を含む小松菜やレバー、ビタミンCを含むレモンやイチゴやブロッコリーなどです。
直接患部へ薬を塗ることで血行を良くして治す方法もあります。
市販されている内出血のための塗り薬は数多くありますので常備しておくと便利です。
しかし、これらの対処方法でも消えないあざを抱えて悩んでいる人もいます。
これは皮膚の下で色素が沈着してしまっている状態です。
その場合は美容外科や皮膚科に診てもらう方法もあります。
最も人気のある方法の一つがレーザー治療です。
昔は皮膚移植などの外科治療が必要でしたが、最近ではレーザーを当てることで消していきます。
人によって消えないあざの種類や状態はさまざまですので、それぞれにあった最適なレーザー治療を施してもらうことができます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

内出血は一般的に手足に起こり斑点が浮かぶことがある
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
内出血によるあざの色に変化があります
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
足に内出血、痛くないアザ
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
内出血斑の原因について
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
内出血は打撲などが原因で起こり皮膚に青色の痣ができる
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
内出血を起こした時に皮膚に赤い斑点が浮かぶことがある
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
内出血による青あざの消し方について
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。