内出血 消し方 あざ

内出血による青あざの消し方について

スポンサーリンク

 手や足などを何かにぶつけてしまう事はよくある話になります。
仕事中でも家事をしている最中でも、何かにぶつけてしまうという事は珍しくはありません。
なので青あざができてしまう事も多いのですが、場所によっては一刻も早く消したいと思う事があります。
例えば顔にできてしまった場合は非常に目立ってしまいますし、女性の場合は腕や脚にできてしまったら自分の好きなファッションができなくなってしまう事もあります。
したがって、効果的な消し方を把握しておく事は重要なポイントになります。
まずはアイシングですが、これはぶつけた直後に行う必要があります。
基本的に青あざの原因はぶつけた衝撃による内出血になります。
なのでまずは早急に冷やして出血を抑えると共に炎症を抑えることが重要になります。
この早い段階での対処が青あざを早期に治す消し方になりますので、体を何かにぶつけてしまった場合には早急に冷やしておく事が大切なポイントになります。

スポンサーリンク

次に患部を温める事がポイントになります。
まずは冷やす事が大切なのですが、腫れが引いた後には温めることが重要になります。
基本的に患部の治療には血行促進が欠かせない要素になります。
治療に必要な栄養素を効率良く患部に行き渡らせるためにも、冷やした後には温める事が推奨されています。
そして、食事による消し方も存在します。
青あざの治療には鉄分とビタミンCが重要になるとされています。
なのでレバーやひじき、果物類などを積極的に摂ることが効果的とされています。
また内出血した血液を散らすために、爪楊枝や串を使う方法もあります。
患部の周辺を刺激する事で内出血した血液を散らし炎症による熱を逃がします。
なお血流の改善効果も期待できますので、非常に有効な手段になるとされています。
なお色素沈着してしまった場合には、レーザー治療などが必要になってきます。
メラニン色素を消す専用のレーザー治療を行っている病院もありますので、そちらを利用する事が良いとされています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

内出血は一般的に手足に起こり斑点が浮かぶことがある
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
内出血によるあざの色に変化があります
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
内出血で出来た消えないあざを消す方法
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
足に内出血、痛くないアザ
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
内出血斑の原因について
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
内出血は打撲などが原因で起こり皮膚に青色の痣ができる
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
内出血を起こした時に皮膚に赤い斑点が浮かぶことがある
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。