顔 内出血 早く治す

顔の内出血を早く治す方法とは

スポンサーリンク

一般的に顔に内出血が起こることはよくあるとされています。
例えば球技を行っている最中に顔にボールがぶつかってしまう事がありますし、また何かに顔をぶつけてしまうと言ったケースも珍しくはありません。
基本的に体のどこかを何かにぶつけて場合には、その場所に内出血が起こります。
血管は衝撃に弱く、比較的簡単に破れてしまいます。
特に顔は皮膚が薄いとされていますので、ボールがぶつかったり何かに当たってしまった場合には内出血しやすいとされています。
顔に内出血が起こってしまった場合には、多くの方が何とか早く治す事を考えます。
ただ基本的に内出血は放置が一番良いとされていますので、病院に行って医師の診察を受けても大げさな治療は行われない事がほとんどになります。
なので出来てしまった青あざなどは、自分で処置をする事が重要なポイントになります。
特に女性の場合はメイクに影響しますし、接客業の方などは仕事に差し支える可能性も十分にあります。

スポンサーリンク

青あざなどを早く治す方法としては、初期段階での対応が重要なカギを握っています。
内出血は皮膚の下で血管が破れ出血している状態なので、まずは出血を抑える事が重要になります。
その最も効果的な方法がアイシングになります。
患部を冷やす事で血管を収縮させ出血を最小限に抑えます。
この初期段階で出血を抑える事は非常に重要なポイントで、変色が広がったり濃くなったりすることを防ぐための最重要ポイントになります。
出血量が少なければ少ないほど患部は小さくなりますし、治りも早くなりますのでまずはアイシングを行う事が推奨されています。
また十分に冷やして腫れや痛みが引いたら、今度は治癒するのに必要な栄養を効率的に送るために温める事が重要だとされています。
血管を拡張する事で血流が良くなるので、効率良く栄養を患部に運ぶことが可能になります。
なおその際には、レバーなどの鉄分と果物類のビタミンCを摂る事が早く治すためには一層効果的だとされています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

顔に出来てしまった内出血の出来るだけ早い治し方
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
内出血の原因は顔などの強打にある
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
目の内出血の治し方について
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。