指 挟む 内出血 腫れ

指を挟むときの内出血や腫れについて

スポンサーリンク

 日常生活の中で指を挟むということはよく発生します。
たとえば机の引き出しやドアで指を挟むということがありますが、症状が軽い場合には少し赤くなったり腫れるだけで終わることもあります。
このほかに内出血が見られることもありますが、放っておいても問題ないという症状が軽いものから、しっかりと処置をしなければいけない症状が重いものまであるので、安易に判断をしないようにします。
ここで指を挟むときに、赤い塊のようなものができることがあります。
これは血豆といわれるものとなっています。
血豆とは内出血のことになりますが、しっかりとした対処法があります。
血豆とは皮膚の組織の中で発生した出血がたまって、豆粒のような大きさの血腫になってしまうという物です。
此は指を挟むことで発生するようになっています。
けがをしたときに強い痛みを感じるようになっていますが、痛みが長く続くということはありません。
しかし上から圧迫をすると痛みを感じることもあります。

スポンサーリンク

あまりひどい内出血ではない場合には、自然に治るようになっています。
組織に出血が吸収されて自然に消えていきます。
基本的に治療法に関しては、内出血と同じように考えることができます。
応急処置としては、冷やして圧迫をするようにします。
このほかには安静を心がけることも大切です。
とくに痛みや腫れがなく指を挟んでから3日以上が経過しているということであれば、患部を温めるという治療法も効果的です。
このほかに血豆から血を抜くという方法もあります。
この場合しっかりと温めて消毒を行った針の先をさして、軽く圧迫をするようにして血を抜いていきます。
これが一般的な方法となっていますが、血が抜けた後はしっかりと消毒をしておきます。
傷口が細菌感染をしないようにしっかりと消毒をしておきます。
しかし無理に処置をしなければいけないということはありません。
痛みや腫れがひどいような血豆の場合には、病院を受診して処置をしてもらう方が安心です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

指を挟んだり指を挟むことによる内出血について
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
指を挟むなどして内出血を起こした時の適切な処置とは
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
指の内出血の治し方について
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
指に起こる内出血の原因と対処法について
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
指を挟むなどして内出血を起こした時の処置について
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。