内出血のような湿疹

内出血のような湿疹が出来る症状の種類

スポンサーリンク

 足や腕に出来る内出血のような湿疹は、かゆみや痛みを伴わない場合があります。
考えられる症状として、単純性紫斑病というものがあります。
これは何かの拍子に皮膚の毛細血管が破れて内出血を起こすという症状です。
これが内出血のような湿疹に見えてしまい、かゆみなどはほとんどありません。
そのため放置しておかれる事が多く、結果治りも遅くなる傾向にあります。
対処法としては、毛細血管の破裂を防ぐ働きがあるビタミンCの摂取が必要になります。
ビタミンCは柑橘系の果物や野菜などに多く含まれているので、普段の食事で積極的に摂るようにしましょう。
他には、サプリメントで補う方法もあります。
ビタミンC単体だけを摂取したのでは効果は低いので、いろんなものをバランス良く摂取し、効率良く栄養分を補うようにしましょう。
湿疹の他に痛みを伴うような場合は、きちんと専門医の診察を受けて対処する事が大切です。
改善の兆しが見られなければ、一度病院で診察してもらいましょう。

スポンサーリンク

足や腕に出来る内出血のような湿疹の要因として、もうひとつアレルギー性紫斑病というものがあります。
これは食べ物や薬などのアレルギーが原因で起こる症状で、一般的に小児にみられる事が多いです。
アレルギーのため皮膚や消化器官などの血管が炎症を起こし、体内中の血液が漏れてしまうといった症状です。
これが内出血のような湿疹に見え、かゆみなどは特にないのが特徴です。
原因としては、アレルギーの対象によるウイルスや細菌の感染で、身体の免疫機能が障害を起こし正常に働かなくなるためとされています。
免疫力が低いお子さんにみられる事が多いです。
かゆみはありませんが、関節や皮膚に痛みを感じる場合があります。
痛みが酷い時には専門医に診てもらうようにしましょう。
このアレルギー性紫斑病には自分で対処出来る明確な方法があまり知られていないため、専門医で治療を受けるのが一番の対処法となります。
病院で薬物治療を受け、症状が軽い内に治す事も必要です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加