皮膚 赤い斑点 内出血

内出血を起こした時に皮膚に赤い斑点が浮かぶことがある

スポンサーリンク

 内出血とは身体に強い衝撃を受けたことにより体内の血管が破れて血液が流れてしまう現象です。
一般的に怪我をすると負傷した傷口から血液が体外に流れ出ていきますが、内出血の場合は皮膚の傷口がないため血液が体外に出ることができずに体内の負傷場所に溜まってしまうのです。
外見的には皮膚に腫れや炎症、又は青い痣になって映るものや、赤い斑点のようなものが浮かび上がることもあります。
内出血を起こす原因である強い衝撃とは、打撲や打ち身によるものです。
中には脱臼が原因で発症することもあります。
例えば転倒して肘や膝を強く打ちつけた、喧嘩で思いっきり殴られた、ドッジボールで強く当てられたなどがあります。
ちなみに子供の頃に頭に作った人も多いと思われるたんこぶも内出血の一種です。
一般的に手足に発症することが多くありますが、もしも顔や頭に起こってしまった場合は病院へ行って検査を受けてもらうことをお勧めします。
頭の骨にヒビや骨折をしていた場合は深刻な被害をもたらすことがあるのでご注意ください。

スポンサーリンク

主な症状は患部に痛みを伴う腫れや炎症になります。
しかし中には皮膚に赤い斑点のようなものが浮かび上がることもあります。
こちらは紫斑病と呼ばれる内出血時に起こる病気のことです。
紫斑病とは血管の問題によりごくわずかな出血を繰り返し起こすことにより皮膚に赤い斑点として浮かぶ現象です。
この病気にはいくつかの種類と症状があるため出現したら病院で診てもらいましょう。
内出血の治療法は体内で出血しているため患部に冷却処置を行い痛みを和らげるとともに止血させます。
この時、タオルや包帯を使って保冷剤などを固定させるとよいです。
後は患部を動かさないように安静させますが、実は早く治す方法があります。
それは冷却後に患部を温める処置を行うことです。
理由は温めることで血行を促進させ、回復力を高める効果を促すからです。
ただし、この方法を行う時は必ず患部の腫れや炎症が治まったことを確認してからです。
タイミングが早いと逆効果になりより治す時間が掛かるためご注意ください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

内出血は一般的に手足に起こり斑点が浮かぶことがある
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
内出血によるあざの色に変化があります
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
内出血で出来た消えないあざを消す方法
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
足に内出血、痛くないアザ
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
内出血斑の原因について
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
内出血は打撲などが原因で起こり皮膚に青色の痣ができる
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
内出血による青あざの消し方について
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。