爪 内出血 病院

爪に内出血が起こった時には病院の何科を受診すれば良いのか

スポンサーリンク

 日常生活において指先やつま先をどこかにぶつけたり、何かに挟んでしまう事はよくある話になります。
例えば営業回りの最中に車のドアに指先を挟んだり、家事の最中でも家具につま先をぶつける事があります。
その様な場合には痛みを感じると共に、爪が内出血を起こす事があります。
基本的に爪の内出血は変色が起こりますので、本人にとっては気になりますし見た目も良いとは言えません。
なので病院に行って医師の診察を受ける事を多くの方が考えますが、大体の病院ではそのまま様子を見ることが治療法になっています。
と言うのも基本的には放置しても問題がない事がその理由になります。
人間に元々備わっている自然治癒力で十分に完治しますので、特別な治療は逆効果になるとされています。
指を骨折している場合や内出血を起こした影響で爪が剥がれたなどのケースを除き、多くの病院では診察を受けたとしても手術や投薬などの治療を行う事はほとんどありません。

スポンサーリンク

ただし本人が希望した場合には、治療が行われる事があります。
変色を治す為に血腫を抜いたり、耐えられない程の痛みを感じる場合には痛み止めを処方したりなどの対応はしてくれます。
なお爪が内出血を起こした場合には、基本的には皮膚科を受診します。
爪は皮膚の一部が硬く変化したものなので、皮膚科での対応が主になります。
痛みを感じる場合や変色を何とかしたい場合には皮膚科を受診して対応してもらいます。
また剥がれたなどの場合でも、皮膚科で対応してもらう事が基本になります。
しかし剥がれた爪が変形して生えてきたりおかしな生え方をしてきた場合には、皮膚科では対応しきれない事が多くなります。
このような場合には、皮膚科ではなく整形外科を受診する必要があります。
整形外科では文字通り形を整えるなどの対応がメインになっていますので、例えば波打って生えてきた場合や二枚重なって生えてきた場合などにも対応する事が可能になっています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

爪の内出血と血抜きについて
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
爪にできた内出血を早く治す方法について
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
内出血を起こして爪がはがれる時の対処法について
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
爪にできた内出血の治し方とは
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。