指を挟んだ 指を挟む 内出血

指を挟んだり指を挟むことによる内出血について

スポンサーリンク

普段の生活で、とくに気を許しているときにドアなどで指を挟むというような経験をしたことがある人が多くなっています。
何かにぶつけたり指を挟んだというように、この部分は非常にけがをしやすい部位となっています。
このように指を挟んだときには、基本的に内出血が見られることが多くなっています。
少し痛みを感じることもありますが、骨折をしているというものではないので、そのまま放っておくという人が多くなっています。
しかし指を挟むことだけではなく、内出血が見られたときには、大きな病気やケガをしている可能性もあるので、自分だけで判断しないようにします。
指を挟んだときには、最初は大きな痛みがあります。
その後でじんじんと続くような痛みを感じるようになっていますが、家や車のドアや引き出しなどで指を挟むと、爪に内出血が見られることがあります。
このようなときの対処法としてはどのような方法があるのかが気になります。
爪に内出血がある場合には、基本的に放っておいても問題はありません。

スポンサーリンク

見た目は非常に痛そうに感じますが、基本的にそのままにしておいても問題はありません。
しばらく経過すると痛みも治まってきます。
黒く変色してしまった部分に関しては、爪が伸びるのと同時に上に上がってくるので、最終的には新しい爪に生え替わります。
その結果変色している部分もなくなってしまいます。
これは足の爪にも同じようなことが言えます。
しかし中には対処をしなければいけない場合があります。
それは数日が経過しても痛みが軽減しないという場合です。
この場合には自分で血腫を抜くという方法がありますが、できれば病院を受診する方が安心です。
自分で血腫を抜く方法としては、まず使う器具を消毒し、クリップなどの先端を伸ばして黒く変色した爪の中央部分に押し当てて爪を貫通させます。
すると血腫が出てくるので、それをしっかりと拭き取って患部を消毒しておきます。
この時に絆創膏などを貼っておきます。
血腫を取り出すことで爪の色が元の状態に近づきます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

指を挟むなどして内出血を起こした時の適切な処置とは
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
指の内出血の治し方について
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
指に起こる内出血の原因と対処法について
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
指を挟むときの内出血や腫れについて
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
指を挟むなどして内出血を起こした時の処置について
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。