足 内出血 斑点

内出血は一般的に手足に起こり斑点が浮かぶことがある

スポンサーリンク

 怪我の症状の一つである内出血について説明します。
腕や足などに強い衝撃を受けたことにより発生し、見た目は負傷した皮膚が赤く腫れて炎症を起こす場合や、青い痣のようなものが浮かぶ場合があります。
この強い衝撃とは一般的に打撲や打ち身によるもので発症しますが、中には脱臼が原因で発症することもあります。
例としてスポーツをしていて痛めることや転倒時に手首や足首を痛めてしまった、極端なものとして喧嘩による殴り合いなどもあります。
内出血が起こる原理については、身体のどこかに強い衝撃を受けた時に皮膚の下の血管が衝撃によって破れてしまうことがあります。
破れた血管からは血液が流れ出てしまいますが、皮膚の表面上には傷口がないため血液が身体の外へ出る出血は起こりません。
代わりに負傷した皮膚の下では身体の中での出血が起こり、血管から流れた血液は負傷場所に溜まってしまうのです。
この状態を放置すると症状の悪化はもちろんのこと負傷場所の範囲も拡大してしまうため、負傷したらすぐに治療処置を行うようにします。

スポンサーリンク

内出血の症状の中には、腫れや炎症や痣の他に斑点のようなものが浮かび上がることがあります。
この現象は紫斑病と呼ばれる内出血の時に起こる病気なのです。
紫斑病とは血管の問題により、ごく僅かな出血を繰り返し起こすことによって皮膚に斑点が浮かび上がる現象になります。
この時に現れる斑点の色は赤色であったり青色であったりと、人によって異なることがあります。
この病気にはいくつかの種類と症状があるため出現したら病院へ行って医師の診察を受けてもらってください。
内出血の治療法は、何よりも負傷した患部を冷やすことが大切です。
濡れタオルや氷水、保冷剤などを使って冷却処置を行い、包帯などを使って患部に固定させると効果的です。
患部を冷やすことによって痛みを和らげると同時に止血効果も得ることができます。
患部の状態が落ち着き、腫れや痛みが治まった後に今度は反対に患部を温めることで早く治す効果を得ることができます。
内出血の症状が起こる場所が手や足ではなく、顔や頭だった場合は骨に異常が出ることがあります。
骨折している可能性もあるため負傷場所によっては病院での検査を受ける必要があります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

内出血によるあざの色に変化があります
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
内出血で出来た消えないあざを消す方法
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
足に内出血、痛くないアザ
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
内出血斑の原因について
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
内出血は打撲などが原因で起こり皮膚に青色の痣ができる
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
内出血を起こした時に皮膚に赤い斑点が浮かぶことがある
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
内出血による青あざの消し方について
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。