指 内出血 処置

指を挟むなどして内出血を起こした時の適切な処置とは

スポンサーリンク

 日常生活の中で、指をぶつけたり挟んでしまう事それほど珍しい話ではありません。
また、そうなると痛みを感じると共に内出血を起こす事があります。
基本的に内出血は皮膚の下で血管が破れ出血している状態になりますので、放っておくと広がってしまったりする事があります。
なので出来る限り早めに適切な処置をする事が重要なポイントになります。
その適切な処置としては、まずは急いで冷やす事が挙げられます。
上記のように内出血は皮膚の下で出血している状態になりますので、血管を収縮させて出血量を抑える必要があります。
そのために有効な手段になるのがアイシングです。
最も良いのは氷などを患部に当てる事なのですが、環境によっては氷がない場合もあります。
その様な時には、流水を当てることが良いとされています。
なおこのアイシングには出血量を抑える他にも腫れや炎症を抑える効果がありますので、指をぶつけたりはさんだりした場合には非常に効果的な処置になるとされています。

スポンサーリンク

次に挙げられるのが、患部を温める事が挙げられます。
この場合は患部を冷やして、腫れや出血を抑えた後に行われます。
最初の段階では出血や腫れ、炎症を抑える事が重要なので、冷やす事が大切になります。
しかし今度は治癒力を高めるために血行を促進させる必要があります。
基本的に怪我を治すために必要な栄養は血管を通じて患部に運ばれます。
なので患部を温める事で血行を促進させ、効率的に栄養を運べるようにする必要があります。
基本的にはこれらの処置で大きな問題になる事を防ぐことは可能になります。
ただし指は骨が折れてしまいやすいので、長期に渡り患部に痛みを感じる場合には病院に行って医師の診察を受ける必要があります。
またぶつけたり挟んだりした時には、最初は痛みが少なくても時間の経過に伴い痛みが強くなる事があります。
したがって時間が経つにつれ痛みが段々と強くなってきた場合にも、病院で医師の診察を受けた方が良いとされています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

指を挟んだり指を挟むことによる内出血について
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
指の内出血の治し方について
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
指に起こる内出血の原因と対処法について
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
指を挟むときの内出血や腫れについて
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。
指を挟むなどして内出血を起こした時の処置について
内出血の原因や症状や処置や治し方あれこれです。