内出血しやすい 原因

内出血しやすい原因とは

スポンサーリンク

日常生活の中で、何かに足や腕をぶつけたりけがをするということがあります。
この時には打撲などができるようになっていますが、中には内出血を伴うこともあります。
腕や脚、このほかに顔などをぶつけたときにあざができるのが内出血となっています。
けがをしたときには血が外に流れ出てくることがありますが、外に血が出てこない場合もあります。
この血が出てこない場合を内出血といいます。
中に血が溜まっている状態となっています。
なぜこのような状態が発生するのかというと、出血をした血液が外に出ることができずに、体の中に溜まることが原因となっていますが、軽い打撲などでは、皮膚の下の血管が破れて出血をしても、皮膚までは触れることがない場合もあります。
この時血液はどこへ行ったのか気になる人がいますが、実際には皮膚の下に溜まったままとなっています。
したがって皮膚表面から見たときには、紫色のあざのように見えます。
これが内出血の状態となっています。

スポンサーリンク

このように内出血のメカニズムを理解することができれば、なぜ内出血しやすい人がいるのかに関してが気になります。
内出血しやすい人には体質の共通点があります。
それは皮膚が軟らかく薄いという体質の場合です。
このような体質の人は、皮膚の下の傷が非常に透けやすくなっています。
また同時に傷つけやすくなっています。
血液中にはいくつかの成分が含まれていますが、この中に血小板というものがあります。
この血小板が少ないという場合には、内出血しやすい体質となっています。
圧迫などでけがをすることがありますが、この時には血管に傷が付けられたということになります。
ここで健康上何も問題がなければ出血が治まる速度が速くなっています。
しかしそうでない人は、血が止まる速度が遅く、皮膚の中で出血を抑えることができずに最終的に内出血として体に現れるようになっています。
内出血しやすい原因としてはこれらのことが考えられますが、原因がわかればそれを予防するような生活を送るようにします。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加